shutterstock_41543254-710x400

こんにちは、このサイトに訪れていただきありがとうございます。
おそらくこのサイトに来ていただけたということは、

  1. 今、何かしら爪に異常があって、何の病気かわからなくて悩んでいる
  2. すでに爪水虫だと診断されていて、どう治療していいか悩んでいる
  3. すでに爪水虫の治療は始めているけど、なかなか良くならない

この中のどれかだと思います。

 

トップページではそれぞれについて軽く触れますので、以下のメニューから、あなたが読みたい部分を読んでいただければと思います。

今、何かしら爪に異常があって、何の病気かわからなくて悩んでいる場合

474644

「爪水虫は、10人に一人が感染している」

爪水虫は水虫のイメージがあるので、(そんなこと、私には関係ないだろう…)と思ってしまうかもしれませんが、実は10人に一人は感染していると言われているほど、私たちにとって身近な病気です。

しかも、水虫のようにかゆくありませんし、よっぽどひどくならない限りは、痛くもありません。
また、家族に水虫の人がいなくても、感染してしまう場合があります。

だからこそ、気が付きにくいんですよね。

 

でも爪水虫はとっても厄介で、時間がたつにつれて、どんどん酷くなっていきます。
初めは爪が白っぽかったり、ちょっとガサガサしているだけでも、ひどくなるとジュクジュクに膿んだりもします。

また、初めは親指だけ爪水虫になることが多いのですが、放っておくとどんどん他の指に移っていきます。
また足だけでなく、時には指の爪、おまた(インキンタムシというやつです)、髪の毛にまで移ることもあります。

 

なので、爪水虫の場合はできるだけ早く治療を始めたほうが良いですね。
治療が遅くなれば遅くなるほど、治すのに時間がかかりますし、女性の場合はその間ずっと今みたいなネイルはできなくなってしまいます。

(ちなみにですが、爪水虫の間でもネイルをする方法は、こちらで紹介しています

爪水虫の症例写真と、見比べてみてください。

128723

爪水虫かどうかは、病院の皮膚科へ行けば顕微鏡で検査してもらえます。
ただ手間がかかりますし、ちょっと恥ずかしいと思ってしまいますよね。

そういうあなたのために、以下のページでは爪水虫の症例写真をまとめています。
参考に、見比べてみてください。

⇒これって爪水虫?症状の写真を集めてみた

 

また、爪水虫に見られる症状のキーワードは、以下になります。

・白っぽい、変色、白く濁ってる、黄色っぽい、くすんでいる、爪が真っ白、

・黒いしみ、黒い斑点、血豆みたい、ほくろみたい、茶色いシミ、赤色、内出血、赤紫色、アザ、変色している

・乾燥、ゴワゴワ、ガサガサ、ツヤがない、透明感がない、ザラザラ、ガタガタ、デコボコ、波打ってる、 

・割れやすい、欠ける、ヒビ、もろい、横に割れる、縦に割れる、ボロボロ、むける、粉をふいている、浮いている、傷んでいる

・へこんでいる、陥没、歪んでいる、盛り上がっている、

・白い線、亀裂、横線、縦線、筋、横じわ、縦じわ、

・分厚い、盛り上がっている、

・何層にもなっている、二重になっている、二枚爪、

・膿んでいる、

・爪の周り、水ぶくれ、水疱、

・皮膚と一体化、皮とくっついている、

もし心当たりがある場合には、爪水虫を疑ってみても良いと思います。

自宅にいながら無料で、爪水虫かどうか確かめる方法もある

これは実は裏技みたいなものなのですが、実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら

すでに爪水虫だと診断されていて、どう治療していいか悩んでいる場合

190139

既に爪水虫だと診断されていて、どう治療していいか悩んでいる人に多いのが、治療を半年以上続けていないケースです(もし続けてたら、最後の項目を読んでください)。
爪水虫は基本的に半年以上治療しないと、「どんな治療方法でも」完治しません。

というのも、基本的に爪水虫の治療は「今生えている爪を綺麗にする」というよりは、「これから生えてくる爪を綺麗にする」のが目的だからです。
なので、クリームを塗っても薬を飲んでも、今荒れている爪が綺麗になることはほとんどありません。

 

逆に言えば、よっぽどひどい爪でない限り、どんな方法でも爪水虫は良くなります。
最近では市販の爪水虫薬でも、ちゃんと爪の下まで浸透するように作られていますし、病院で処方される飲み薬・塗り薬はもちろんのことです。

大切なのは、とにかく続けること。
爪がひどい状態の場合は完治に数年かかってしまうこともあるので、覚悟が必要ですね。

ただし、薬の副作用には注意しましょう

472848

ただ病院の薬…特に飲み薬は副作用が強いので、もし使われる場合はお医者さんとのコミュニケーションがとっても大切です。
爪水虫で死んでしまった人はいませんが、爪水虫の薬で無くなってしまった方は、過去に日本にいますので。

そういう意味では、最近出た植物性由来の市販の爪水虫ジェルなどは、安全性が高くてお勧めです。
副作用が怖い場合には、以下の記事を読んでみてください。

市販の爪水虫専用ジェルの詳細はこちら

すでに爪水虫の治療は始めているけど、なかなか良くならない場合

051216

今すでに爪水虫の治療を始めていて、数年間治療してもよくならない場合。
そういう場合には、レーザー治療をしてみてはいかがでしょう?

日本ではあまり話題にはなっていませんが、海外では効果のある治療方法として認められています。
副作用も日本では確認されていませんから、このまま効果のない治療を続けるよりは、良いと思います。

 

価格や治療にかかる期間については、以下の記事でまとめています。
興味があれば、読んでみてくださいね。

⇒爪水虫を半年、1年、数年治療しても治らないなら、この最終手段!