http://urx.mobi/yiZk
http://urx.mobi/yiZk

足の爪がささくれて、靴下やストッキングを履くときひっかかるということがありませんか?
もしかしたら爪の病気にかかっていてささくれができているかもしれないのです。

爪が以前よりガサガサしている割れる・欠けている・ストッキング伝線の原因になっているという人がいます。

足の爪の親指や小指がささくれるなら、この病気かも…

471125

このような症状があるようならば、それは爪水虫が原因かもしれないのです。
爪水虫になってしまうと爪がささくれるだけではなく、親指は小指の爪が分厚くなったり爪が黄色っぽくなるなど様々な症状がでます。

⇒爪水虫の写真一覧はこちら

その中でも日常的に困るのが爪のささくれです。
爪がささくれてしまうと、靴下を履こうとしたりした時引っかかるだけではなくストッキングだと破けたり伝線します。

 

靴下はちょっと不快な思いをするだけですから良いですが、ストッキングの場合、伝線したり破けると履けません。
数百円のストッキングが爪のささくれで履けない状態になるのでもったいないですよ。

応急処置として絆創膏をしてからストッキングを履く人もいます。

 

もしも、爪のささくれから爪が割れたら応急処置として消毒して絆創膏を貼ると良いです。
特に仕事中などはこの方法が応急措置として一番良いです。

 

できればガーゼ部分が大きい絆創膏でないと剥がす時に爪が一緒に剥がれることがありますので気をつけて下さい。
ただし、爪が割れている状態が長引くとばい菌が入り込む心配があります。

ばい菌が爪の割れ目から入ると化膿したり爪が取れたり更に悪化することがありますから気をつけましょう。

もし爪水虫なら、ささくれ以上にひどくなるので…

488524

できれば、爪のささくれを見つけた時点で爪水虫自体を治すようにした方が良いです。
爪水虫を何とかしたいなら病院に行かなくても市販の爪水虫の薬を使って下さい。

爪のささくれ部分に爪水虫の薬を毎日塗っていくとだんだんささくれが気にならなくなってきます。
欠ける対処方法としてささくれがひどいようならばガーゼをしてストッキングや靴下を履くと良いでしょう。

 

爪水虫の薬を塗り始めてもささくれや爪の欠け、割れたりする症状が数カ月続きますからあきらめずに治して下さい。
ちょっと爪の状態が良くなったからと薬を塗るのを止めてしまうと再発する可能性が高くなります。

爪水虫の原因である白癬菌はかなりしつこいので治ったと思ってもしばらく薬は塗って行った方が良いでしょう。

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、ささくれしない健康的な爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら