http://ur0.pw/yhx6
http://ur0.pw/yhx6

爪水虫の治療薬の中に「アスタット液」というのがあります。
アスタット液を使う事での影響は?効果ある?授乳中・妊娠中でも大丈夫?どれくらいの期間で治る?かという疑問に答えていきます。

アスタット液は、爪水虫の治療薬の一種です。
皮膚科で処方されるので医薬品となります。

 

皮膚科で処方される医薬品は、薬局やドラッグストアでは購入できませんので、病院に行き診察を受け医師に処方してもらってください

真菌細胞膜を作る成分を阻害する作用がある

118165

アスタット液は、爪水虫の原因となる白癬菌の、真菌細胞膜を構成する成分を阻害する作用があります。
つまり爪水虫の根本的な原因に直接アプローチして、対処する治療薬です。

アスタット液を使う事で、爪水虫の原因を改善できますが、爪水虫の原因となる真菌は自覚症状がほとんどないため、気づかずに過ごしている事も少なくありません。
どのくらいの期間で治る?かについては、個人差もありますが。肌のターンオーバーサイクルに合わせて最低でも4週間の使用を推奨しています

治ったように見えても真菌は再発しやすいので、治療完了後も予防は大切です。
つまりアスタット液で治療をしているのに、治ったからと自分で勝手に判断してはいけないという事です。

 

アスタット液はカビの一種となる真菌に働きかけます。
治療を続けても治らない、悪化したという場合は、他に原因があるかもしれませんので、この場合も医師に相談してください。

アスタット液は1日1回の使用ですから、正しく使ってください、
たくさん塗ったからといって、よく効く早く効くという事はありません。

妊娠・授乳中の方へ

171609

アスタット液の使用上の注意に「妊娠または授乳中」とあります
この場合は使用すると何らかのリスクが発生する可能性が高いと考えられますの、使用は控えておきましょう。

もし妊娠中・授乳中の場合には、この記事の最後でご紹介する、植物由来の爪水虫ジェルをお勧めします。

 

痒みや発赤などの副作用について

107252

アスタット液の副作用については、今のところ刺激感、接触性皮膚炎、発赤、かゆみ、角化の悪化、乾燥や乾燥による亀裂、などがあります。
副作用が気になる場合は医師に相談して、薬を変えてもらう事ができます。

副作用については、必ず出るとは限りませんし、出た場合の症状も人によって違います。
紹介した以外の副作用が出る可能性もありますから、必ず医師に相談し、指示を仰いでください。

 

アスタット液は1日1回と決まっています。
ついうっかり塗り忘れても、翌日多めに塗ったり、自己判断で薬を変えたり、使う頻度を変えたりというのもおすすめできません。

刺激感の副作用がある薬は、傷やただれがある時は使用を控えましょう

副作用が怖い場合は…

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら