http://ur0.pw/yhTp
http://ur0.pw/yhTp

爪水虫の治療薬にはいくつか種類がありますが、ビフォノールはジェネリック医薬品です
ジェネリック医薬品にあまりいいイメージを持たない人も多いのですが、成分はほとんど変わらないので、爪水虫の治療薬としても良く使われています。

爪水虫の治療費を安くしたいなら、ジェネリックで間違いなしです!

ビフォノールは爪水虫のジェネリック医薬品!

481381

ビフォノールは寄生性皮膚疾患用剤のジェネリック医薬品ですから、皮膚科で処方されます。
皮膚科で処方される治療薬は、塗り薬、外用薬ですが、液体は浸透しやすいので爪水虫の治療にも適しています。

皮膚に直接塗布して使いますが、爪水虫の場合は爪に付けます。
肥厚していて浸透を妨げてしまうような場合は、爪にヤスリをかけそれから使うと浸透しやすくなります。

 

ビフォノールは1日1回の使用ですが、毎日続けて使用する事で、少しずつ爪水虫の原因となる真菌に働きかけて行くので、効果ない、治らないと決めつけずしばらくの間続けてください。
ちなみにですが、真菌に作用するので正しく使用していれば、悪化する事はないでしょう。

ビフォノールは授乳中・妊娠中でも大丈夫?

513702

こちらについては、妊娠中はできるだけ控えたほうがいいとされています。
ただしどうしても治療薬が必要な場合は、使用を必要最低限にします。

授乳中の場合は、ビフォノールを使用したら授乳を控えるなどで対応します。
これについては自己判断は危険ですから、必ず医師に相談して決めてください。

 

個人的に妊娠中の方の場合は、この記事の最後にご紹介する、植物由来の爪水虫ジェルの方が、副作用もないのでおすすめです。

ビフォノールを飲めば、どれくらいの期間で治る?

420620

どれくらいの期間で治るかについては、爪水虫の治療は短期間で終わる事はほとんどなく、治療には長い時間が必要です。
皮膚科で処方するような治療薬の場合は、使用してから2週間から4週間で徐々に効果が現れ始めると言われています。

これも個人差がありますので、もっと長くかかる事もありますが、しばらく治療を続けて経過を見ます。
ビフォノールはジェネリック医薬品でも、医薬品である以上は何らかの副作用が起きる可能性はあります。

ビフォノールの副作用は?

主な副作用は、接触皮膚炎、ビフォノールを塗布した部分の刺激感、発赤、紅班などです。
ビフォノールを使用後直ぐにこれらの症状が見られた場合は、副作用の可能性が高いので、直ぐに使用を中止して医師に相談してください。

副作用については、使用を中止する事で症状は自然に解消されていきます。
ただし副作用の出方にも個人差があるため、どのようになるかはその時になってみないとわかりません。

 

ビフォノールの継続が難しい場合は、医師に相談して他の治療と変えてもらう事もできます。

それでも、副作用が怖い場合は…

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら