534465

水虫も病院で診てもらえますから、爪水虫も病院で診てもらえますよ!
でも気になるのが、爪水虫の病院での値段などですよね。

爪水虫には様々な治療方法があって、飲み薬の費用やレーザー治療の費用など、高いものから安いものまであります。
また爪水虫の治療方法によって、完治までの期間も変わってきます。

そういったことを、この記事でご紹介しますね。

爪が剥がれる爪水虫は何科に行けばいい?

294212

爪がボロボロになる、爪が剥がれるなどの症状がある爪水虫…。
いったい爪水虫は病院の何科に行けばいいのでしょう?

ズバリ、爪水虫は皮膚科に行ってください。
10人に1人が悩んでいると言われている爪水虫なので、決して珍しくはありません。

先生も慣れていますよ!
それに爪水虫の治療費は保険が適応されるので、安心してください。

 

 

皮膚科ではどのような治療をするかというと、症状によって塗り薬や飲み薬、レーザー治療や外科手術を行う場合もあります。
軽い爪水虫の場合は、塗り薬であるクレナフィンなどを処方される事が皮膚科では多いです。

この薬を塗って白癬菌をやっつけていきます。
1日1回塗りますが、爪水虫が完治するまでには塗り薬だけですと半年以上かかることも珍しくありません。

爪水虫の皮膚科の費用は?

爪水虫を病院で治す場合の費用ですが、最初は顕微鏡による検査などもありますから3千円から5千円位が多いです。
その後は塗り薬だけになりますので、爪水虫の皮膚科での医療費は月々1千円から2千円になります。

 

爪水虫の症状が中程度以上の場合、皮膚科では飲み薬を処方されるケースが見られます。
この爪水虫の飲み薬は、ラミシールとイトリゾールという薬が多いですね。

1日1回飲む薬となり、6カ月以上飲み続けます
爪水虫の飲み薬の費用は薬によって違いますが、月々5000円くらいです。

爪水虫を完治するまでにかかる費用は?

253847

爪水虫を治す方法の一つに、薬を1週間飲んで3週間休むという方法(パルス療法)があります。
このパルス療法で、約7割の人が爪水虫を完治すると言われています。。

しかし、肝臓などに過度の負担を強いる薬の為、血液検査を行いながら肝臓の状態を確認して飲みます。
妊婦や他の薬を飲んでいる人などは爪水虫の飲み薬は飲めません。

 

副作用などが心配な方は、飲み薬ではない方法で爪水虫を治療した方が良いでしょう。
皮膚科の医師には病気等がある場合きちんと伝えておいてください。

なお爪水虫のパルス療法の費用ですが、完治するまでに3万円から8万円かかります。

爪水虫のレーザー治療の費用は?

472095

爪水虫がかなりひどい場合は、自由診療のレーザー治療や保険が効く外科手術が必要な場合もあります。
内容によって多少違いはありますが、爪白癬のレーザー治療の費用は5万円から8万円、外科手術の場合は10万円弱かかるでしょう。

爪水虫が完治するまでの期間ですが、早くても半年、外科手術後完治するまでには1年半かかる人もいらっしゃいます。
まずは、皮膚科に行ってどの程度の爪水虫なのか確認して下さい。

 

治療内容が決まったら、費用と治療期間も確認してもらいましょう。

まずは無料で試せる、爪水虫ジェルから

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、爪が割れ無くなればラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒爪水虫専用ジェルの詳細はこちら