491082

爪水虫に感染してしまったら、当然ですが“なるべく早く”爪水虫を治したいと思いますよね。
だからこそ、「飲み薬と塗り薬は、どっちの方が早く治るのか」「どの塗り薬が短期間で爪水虫に効くのか」などを、調べていると思います。

でもですね、実はどの治療方法も、治る期間って同じなんですよ。
違うのは、爪水虫に効果があるか、無いかの違いだけなんです。

 

もしあなたが、これまで「爪水虫を出来るだけ早く治す方法」について調べて、その結果なかなか治療を始められなかったり、せっかく始めた爪水虫の治療も(こっちの方が早く治りそう!)と思って途中で止めたことがあるのであれば、この記事は参考になるかもしれません。

「最も」爪水虫を早く治す方法は無い?その理由は…

http://ur0.pw/xKNM
http://ur0.pw/xKNM

上の画像は爪水虫の治療を行っているパレスクリニックさんのものを引用させていただいたのですが、この画像に書いてあることが全てなんですよ。
つまり爪水虫の根本的な治療は、「今生えているボロボロの爪をきれいにする」のではなくて、「今後、綺麗な爪が生えてくるようにする」のが目的なんです。

でも、飲み薬や塗り薬を使ったからと言って、爪が伸びるスピードが速くなるわけではありません。
(そういう意味では、爪水虫の治療と一緒に爪の原料であるタンパク質を取れば、治るのが少しは早くなるかもしれません)

 

なので、ちゃんと爪水虫に効果がある方法を続けていれば、1年後にはきれいな桜色の爪が生えてくるはずです。
でも多くの方が治療を3か月や半年で止めてしまい、効果が出なかったり再発してしまう…というのが、現状なんですね。

そもそも爪水虫自体が、ジワジワと数年単位で進行して、今やっと目に見えてわかるほど、ひどくなってしまったわけです。
発症にも時間がかかった分、治すのにも時間がかかってしまうのは、仕方ないのかもしれません。

ただ「とにかく爪の見た目をきれいにしたい」のであれば、この方法がオススメ

368809

爪水虫を根本的に治すには、どうしても長期間の時間がかかってしまう一方で、「根本的な爪水虫治療はもちろんしたいけど、何よりも見た目を何とかしたい!」という場合。
そういう場合には、飲むタイプより塗るタイプの方が、早く爪がきれいになるでしょう。

その理由はズバリ、塗るタイプの中には“爪に栄養を補ってくれる”ものもあるからです。
こういうものを使えば、爪にグングン栄養を補ってくれるので、早い人で3か月もすれば、ふっくらとしたピンク色の爪になるでしょう。

shutterstock_41543254-710x400

最近では市販のもので、植物由来成分で作られたものもあります(つまり、副作用がありません)。
時期によっては全額返金保証キャンペーンもやっているので、公式サイトを以下に貼っておきますね。

きっと、ふっくらとした桜色の健康的な爪になって、素足を人に見られてもへっちゃらになれると思います。

爪水虫専用ジェル/『クリアネイルショット』