171609

爪水虫は10人に1人の割合で感染していると言われています。
自覚症状がないため、感染していても気づいていない人も多いようです。

妊娠中や授乳中の人も爪水虫に感染する可能性があります
いかなる状態であっても、治療をしなければどんどん進行していきますし、爪水虫は自然に治る事はありません

爪水虫の飲み薬は、授乳中・妊娠中は要注意

456154

妊娠中や授乳中に爪水虫に感染してしまった場合、飲み薬が必要になる事があります
しかしデリケートな時期ですし、病気になっても安易に薬が飲めません。

妊娠中や授乳中は、赤ちゃんの影響や害にならないのかが気になります。
飲み薬の影響や副作用については、薬の種類によっても変わってきます。

外用薬の場合は、妊娠中や授乳中でも医師に相談して許可が出れば使用できる物がありますが、内服薬に関しては子供への影響が強く出てしまう可能性があるので、基本はNGとなっています。

 

しかしどうしても治療が必要で、内服薬を飲まないと治らないという場合は、授乳中なら一旦授乳を中断し、治療に専念する事はできます。

内服薬を服用している間は母乳にも成分が浸透する可能性があるので、赤ちゃんへの害を考えると授乳はできません
妊娠中も基本はNGですが、どうしても必要性がある場合は、医師の指導の元最低限の量を使用する事はあります

 

皮膚科で処方される治療薬は、効き目が高い分副作用などもあります。

妊娠中は基本的に、塗るタイプを使いましょう。

…ということで、基本的に妊娠中は塗るタイプを使いましょう。
塗るタイプでも副作用はありますが、肌荒れが主なので子供にまで影響してしまうことはありませんから。

また最近では、市販で植物由来の爪水虫ジェルも出ています。
クリアネイルショットと言いますが、妊娠中も使えますし、肌荒れも子供への影響も全くないので、お勧めですよ。

 

以下の記事で詳しくご紹介しているので、良ければ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら