http://ur0.work/xIXt
http://ur0.work/xIXt

マニキュアやペディキュア、ジェルネイルをオフした時に、爪が緑色に変色している…。
これが、グリーンネイルですよね。

実はネイルをしている6割の女性が、グリーンネイルに悩んでいたり、グリーンネイル予備軍と言われています。
でもグリーンネイルなんて見た目も悪いし、グリーンネイルの上からジェルをしたい気持ちもわかりますが…。

 

グリーンネイルの上からジェルを塗るのは止めたほうが良いです。
グリーンネイルは別名”爪水虫”と呼ばれていて、いわゆる感染症なんですよ。

ちゃんと白癬菌と呼ばれる爪水虫の原因を治さないと、爪はどんどん酷くなっていきます。
詳しくは、以下の記事をお読みください。

⇒グリーンネイルを放っておくと、こうなる!爪水虫の写真一覧

 

ちなみにグリーンネイルの隠し方ですが、以下の記事で”グリーンネイル中でも使えるネイル”をご紹介しています。
グリーンネイルを隠したい場合は、参考になると思います。

⇒グリーンネイルの隠し方と完治するまでの期間について

 

 

ここから先は、グリーンネイルそのものについて、もう少し詳しくご紹介しますね。

グリーンネイルとはいったい?

505887

ジェルネイルやスカルプなど、最近ではネイルと言ってもその種類がとても豊富ですから、季節ごとに違ったデザインのネイルを楽しんでいる人も多いと思います。
しかし、長い期間、マニキュアやペディキュアなどのネイルを塗っていると、次第に爪にはダメージがかかってきます。

爪の端などが破損してしまったり、水仕事などで爪が湿っている状態が長く続くと、グリーンネイルと呼ばれる皮膚病になってしまうことがあります。
グリーンネイルとは、緑膿菌と言われる細菌に感染して起こる皮膚病です。

 

この緑膿菌とは常在菌の一種ですから、普段は何も特別な悪さをするような菌ではありません。
しかし、マニキュアやペディキュアなどを長くしていると、爪にとっては特殊な状態となるので、お手入れが行き届いていなかったりするとグリーンネイルのような症状が起こります。

特にジェルネイルやスカルプなどをしていると、少しずつネイルと爪との間が浮くのでここに水分が溜まりやすくなり、知らないうちに感染しやすくなります。

グリーンネイルが出来る理由

グリーネイルの症状としては、はじめの頃は爪が黄味がかった色になり、次第に薄緑色から緑色になり、さらに濃い緑色となっていきます。
痛みはありませんが、爪の一部や全体が徐々に緑色に変色するので、すぐに異変に気が付くはずです。

持ちがいいことがメリットのジェルネイルは、最近とても人気がありますが、反面、お手入れをしない期間も長くなるということですから、その間の爪の成長により爪との間にすき間ができやすくなります。
ここに水や湿気が溜まりやすくなり、これがグリーンネイルの原因となります。

 

これはスカルプなどでも同じことです。

グリーンネイルの治療方法

523424

爪が緑色に変色しているな、と思ったら要注意です。
グリーンネイルはカビの一種であると表現する人もいますが、カビではありません。

グリーンネイルは、爪水虫の一種で、皮膚科で治療することが出来ます。
一度グリーンネイルになるとそのまま放置していても自然に良くなることはありません。

 

たかが爪とあなどっていると、どんどん症状がひどくなります。
ネイルへの影響は?と心配になりますが、実際、症状が悪化すれば、ネイルが出来ない状態になるケースもあるので早めの対処が大切です。

ポリッシュの色素沈着とグリーンネイルの見分けが付かないこともありますが、心配な場合には病院や担当のネイリストさんに相談してみましょう。

 

また、グリーンネイルの上からジェルを塗っても大丈夫?という人もいるかも知れませんが、どんどん悪化してしまうので止めてください。
サロンには伝えた方がいい?と迷う人もいるかも知れませんが、これは症状が悪化しないためにも、すぐに変だなと思ったら相談してみましょう。

最近では市販で爪水虫専用のジェルも販売されているので、そちらを使うのも良いでしょう。
詳しくは以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら