http://ur0.work/xIYL
http://ur0.work/xIYL

自分の足の爪をまじまじと見る機会はあまりないかと思いますが、ペディキュアをしたり爪を切るときなどに、少し気を付けて見てみてください。

爪が白く濁ってる、くすんでいる、爪が真っ白になるなど、爪の一部が変色していないでしょうか。
あるいは足の爪がカビみたいになっている、黒いしみがあったり、黒い斑点があったり、血豆みたいなものが出来ていないでしょうか。

 

もしも、これらの症状が見られるようなら、爪水虫になっているかも知れません。

爪の一部が変色…10人に1人が爪水虫?

456154

爪水虫は10人に1人の割合で感染している皮膚病の一種です。

爪水虫の症状には他にも、ほくろみたいだったり茶色いシミのようなものが出来ていたリ、赤色、赤紫色、または黄色っぽく変色することもあり、内出血しているように見えることもあります。
爪水虫の症例写真はこちらでまとめているので、興味があれば見てみてください)

 

いずれにしても、いつもの爪の状態とは明らかな変化が見られます。
このような症状が見られる爪水虫は、何かの病気?他への影響は?と心配になる人も多いかと思います。

また、病院に行ったほうがいい?治療方法は?と、爪水虫に関してどうすればいいのか、何も知らないという人も多いはずです。

爪水虫はカビ菌の一種

爪水虫は、白癬菌というカビ菌の一種に感染することで起こる病気です。
特別な菌ではなく、どこにでもいるありふれた菌で、感染するのも珍しいことではありません。

感染者の爪や皮膚の垢がバスマットやスリッパ、絨毯、フローリングの床、畳など、あらゆるところに目には見えないですが、ばらまかれているので、いつ感染してもおかしくない状態です。
白癬菌は、ブーツや革靴などを長時間履き蒸れた状態で、より活動的になります。

 

高温多湿の環境が白癬菌にとって絶好の環境なので、足元がこのような環境にさらされやすい人は爪水虫にもなりやすいです。

足の爪のカビは、放置しないで治療することが必要!

368809

爪水虫になると先に紹介したような症状が起こります。
まさか自分が水虫になるなんて、とショックを受けるかも知れませんが、爪水虫は自然には治らないので早めに治療を始めることが大切です。

足の爪に発症することが多いので、なかなか気が付かない人も多いようです。
または気が付いても、痛みもないので、自然に消えていくかも、と思って何も対処しない人も多いようです。

 

しかし、爪水虫は放っておくとどんどん酷くなり、症状が悪化するほどに治療にも時間が長くかかります。
また、家族に感染したり、他の爪に移ったりというリスクも出てきます。

爪水虫の治療は少し前までは、皮膚科でしか治らないと言われていたのですが、最近では病院に行かなくても市販の薬があります。
病院に行くのをためらっているうちに爪水虫はどんどん悪化してしまいます。

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら