http://ur0.work/xJ0n
http://ur0.work/xJ0n

足の爪がいつのまにか皮膚と一体化している人がたまにいます。
別の言葉で表すと、足の爪が皮膚とくっついている状態ですね。

でもこれ、どう考えても”個人差”で済ませられる問題ではありません。
通常、足の爪は皮膚とは別になっています。

 

元々、爪自体は足の皮膚からできるものではありますが、一体化することはありえないんです。
つまり足の爪と皮がくっつくのは、病気が原因かもしれないというわけです。

爪と皮とくっついているのは、爪水虫の可能性が高い!

309250

足の爪と皮膚が一体化している原因に、爪水虫があります。
爪水虫は日本人の10人に1人がかかっていると言われる、白癬菌が原因の爪の病気です。

爪水虫は年齢や性別は関係なく、子供でも女性でもなります。
女性の場合は、ネイルをしている方が爪水虫になりやすいと言われています。

 

そしてこの爪水虫、爪と皮膚がくっつくという症状がりますよ!
酷くなると、爪が生えてこない・爪が伸びないなんてことになる場合もあります。

爪水虫が酷くなるとどうなる?

437049

爪水虫の症状ですが、爪が皮膚と一体化する以外にも爪の色が変わったり、爪が厚くなったり、粉をふいたりという症状が出ることもあります。
でも爪水虫のたちの悪い所は、痛みやかゆみが無い為、気がつきにくいということなんです。

爪の色が若干変わっていたとしても気にはなったところで爪の病気だと思う人は少ないのです。
その為、どんどん症状が悪い方向に向かっていくことが爪水虫は多く、厄介な病気として知られています。

 

そして爪水虫は放置すると、爪の下が腫れたり、膿んだりします。
また足の爪と皮膚が完全に一体化して、爪自体生えなくなることもあるのです。

爪と皮膚が一体化しているのに、それでも爪が伸びようとするものだから、皮が引っ張られて毎日ジンジンする…なんてこともあります。
ちなみに爪水虫も酷くなると”あえて爪を無理やりベロっと剥がす手術”もあったりして…想像するだけでゾワッとしますよね。

 

でも爪と皮膚が一体化しているくらいであれば、まだ何とかなります。
このまま放置しておくと爪が生えなくなることもありますので、市販の爪水虫薬でも薬局で買って、爪水虫対策を始めてみてください。

まずは本当に爪水虫か、無料で確かめるのがおすすめ

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、爪が再び生え始めたら、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら