259821

ヒョウソ(爪囲炎)だと思い治療しているけど治らないということありませんか?
ヒョウソは、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌が爪の周りの小さな傷やかぶれなどから皮膚に入り込み起こる炎症です。

しかし様々な治療を行っても効かない場合どうすればいいのでしょうか?

手をよく使う仕事の人に多い?

335351

ヒョウソは激しい痛みが起こる手指の病気で、水仕事を行う人や薬品を使う人など手荒れがひどい人に起こりやすいです。
この病気にかかると患部が腫れて傷むだけではなく化膿する為膿が出たりします。

すぐにでも治そうと皮膚科などに行かれる方がいらっしゃいますが、病院でも治らないでしょう。
通常、ヒョウソの治療は原因菌である黄色ブドウ球菌や連鎖球菌をやっつける抗菌剤などの外用薬と飲み薬を処方されます。

 

これらの薬などを服用したり塗ったりしてもなかなか炎症が治まらないのです。
化膿している場合、膿を取って薬を塗ると良いのですがしばらくするとまた化膿するという事を繰り返します。

そんな時は爪水虫を疑ってみた方が良いことがあるでしょう。
ヒョウソだと思い込んでいたら爪水虫で、原因菌が違うので薬も効かないという理由かもしれないのです。

 

 

一般的には、爪水虫になっても痛みを伴う事はありません。
しかし化膿したりすると炎症が起こり痛くなることもあるのです。
ヒョウソの痛みとは違いものすごく激しい痛みというわけではありませんが腫れたり膿が出ます。

あまり爪水虫は痛みやかゆみが出ない為、気がついた時にはかなり症状がすすんでいる人が多いです。
特に、化膿して膿が出るような場合は、かなり症状がひどくなっている状態なのでできるだけ早く治療しましょう。

 

爪水虫の原因菌は白癬菌というカビの一種です。
爪水虫は、10人に1人がなると言われている爪の病気で、爪の周りに症状が出ることもよくあります

特に高齢者の方ではすでに爪水虫になってしまっている方が多く、自分では気がつかず感染させている場合も多いでしょう。
爪周辺に白癬菌が増えることで化膿して膿が溜まることがあるので最初からヒョウソと決めつけない方が良いのです。

爪水虫かヒョウソか、無料で確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら