115793

爪水虫の治療薬には、大きく分けて飲み薬と塗り薬があります。
でも基本的には、爪水虫には塗り薬よりも飲み薬の方が効果があると言われているんですね。

実際に塗り薬ではあまり効果が無かった人も、飲み薬をプラスする事で、爪水虫が良くなることもあります。
一方で、いくら飲み薬を飲んでも、爪水虫が治らないこともあるんです…。

飲み薬を飲んでも爪水虫が治らない原因は?

080710

個人差もありますが、爪水虫になってから直ぐに治療をせず放置して悪化させてしまうと、爪水虫の完治は時間がかかるケースが多いんですね。
そして効果のある飲み薬を持ってしても治らないのは、長期間同じ薬を飲み続けている事により、爪水虫の耐性菌が出現してしまう事があるんです。

長い間同じ薬を使用していると、初めは真菌にも効果的に作用しますが、次第に耐性を持つ菌が出現しそれが増えていく事があります。
薬に対しての耐性を持っているので、服用を続けていても爪水虫に効果が発揮できません。

飲み薬が効かないなら、どうすればいいの?

481381

飲み薬が効かない場合は、浸透力の高い塗り薬を使ってみると良いですよ。
以前は市販の外用薬はあまり効かないと思われていましたが、今は新しく登場した塗り薬の中には、浸透力に優れた物もあります。

浸透力が高くなっている分、皮膚の奥まで浸透していき、真菌に直接働きかける事が可能となっています。

 

ただし内服薬により耐性菌が増えている場合は、同じ成分の外用薬では意味がありません。
完治する方法としては、飲み薬とは異なる成分を使用した、耐性菌にも有効な物を選ぶ事です。

ドラッグストアや薬局には、薬剤師さんが常駐している店舗があります。
どれを選べばいいかわからない時は、今まで飲んでいた薬では効かない事、新しく出た浸透力の高い外用薬を使ってみたい事を伝えて、自分に合った薬を選んでもらうのがいいでしょう。

塗り薬でも、爪水虫の治療にはある程度の期間が必要

128727

内服薬から塗り薬に変える事で、改善効果が見られる事もありますが、爪水虫の治療には長い時間がかかります。
直ぐに効果が見られなくてもしばらく続けてみる事が大切です。

ただし市販薬で対処できるのは、悪化させる前です。
かなり進行している場合は、市販薬では対処できない事も多いため、無理をせずに早めに皮膚科に行って診てもらう事をおすすめします

とりあえず、市販で対策するなら…

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら