http://ur0.link/yifK
http://ur0.link/yifK

爪水虫の治療をする場合、最初は外用薬を使いますが、一定期間外用薬を続けても、効果ない、治らない、悪化したという場合は、内服薬を併用する事があります。
内服薬にもいくつか種類がありますが、「イトラコナゾール」も飲み薬として皮膚科で処方されます。

イトラコナゾールの効果は、カビの一種・真菌の増殖を抑える

098912

イトラコナゾールは、爪水虫の原因となるカビの一種・真菌の増殖を抑え除菌する作用があります。
爪水虫の治療は長い時間がかかります。

どれくらいの期間で治る?これについては個人差もありますが、イトラコナゾールには持続性があるので、パルス療法を採用します。
パルス療法というのは、1週間飲み薬を飲み続けたら、3週間休みというサイクルを1回とし、これを3回繰り返す方法です。

 

毎日飲み続けるのは最初の1週間だけですから、肝臓への負担を軽減できるのが、イトラコナゾールのメリットであり特徴です。
ただし肝臓への負担はゼロにはならないため、イトラコナゾールを服用する場合は、定期的に肝臓の検査をするようすすめています

イトラコナゾールは授乳中・妊娠中でも飲める?

141316

イトラコナゾールは妊娠中や授乳中の使用はNGとなっています。
これから妊娠を予定している人も控えたほうがいいと言われているので、必ず医師に相談してください。

授乳中の場合、イトラコナゾールの必要性がある時は、授乳を中止するなどで対処する事が可能です。
(基本的に妊娠中は、この記事の最後にご紹介する市販のものが、妊娠中でも使えるのでおすすめです)

飲み合わせは大丈夫?これについては、イトラコナゾールは相互作用を起こしやすい傾向があります

薬の種類により相互作用も変わりますが、場合によっては薬の作用を邪魔したり、持病を悪化させたりする事があります。
持病で服用している薬がある場合は、必ず医師に申告してください。

その他のイトラコナゾールの副作用について

141009

イトラコナゾールの副作用については、重篤な副作用は報告されていませんが、医薬品である以上何らかの副作用はあります。
主に胃の違和感や不快感、吐き気、腹痛、嘔吐、下痢、発疹、かゆみなどがあります。

イトラコナゾールを服用後にこれらの症状があらわれたら、副作用である可能性が高いです。
副作用は薬の服用を中止すれば症状は自然に解消されていきますが、爪水虫の治療という目的があるので、自己判断で薬を中止してしまうと、それまでも治療効果が無駄になってしまいます。

 

自己判断で安易に薬をやめるのではなく、必ず医師に相談してください。
可能であれば違う薬に変得てもらいましょう。

副作用が出ているのに服用を続けると、希に重篤化する事があります。

副作用がない、爪水虫専用ジェルもある

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
飲むタイプではなく塗るタイプですが、しっかりと浸透するように作られているので、すぐに桜色の爪に戻ると思いますよ。

詳しくは、以下の記事をお読みください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら