477734

高齢になると、

  • 足の爪が分厚くなったり、
  • 盛り上がったり、
  • 硬くなったり、
  • 波打ったり、

することがあります。

特に祖父、祖母など年齢が60歳を過ぎると横線が入るとか割れやすい状態になる人が増えると言われていますがなぜでしょうか?

足の爪が老化して固くなるのは、爪水虫が原因かも

250221

一番に考えられるのは、ズバリ「爪水虫」です。
爪水虫は日本人の10人に1人が感染しているという爪の病気で、特に60歳以上の人が全患者の4割をしめます。

つまり、60歳以上の人は高い確率で爪水虫になっているのです。
この爪水虫になってしまうと、爪が変形しどんどん分厚くなっていきます。

 

そして爪水虫は、放置していると、ますます酷くなっていきます。
爪に線が入って、爪が割れてしまうこともあります。

爪が肉に食い込んで、爪が生えてこなくなることもあります。
爪が以下の写真のようにグジュグジュに膿んでしまい、爪をはがさないといけなくなることもあります。

http://u0u0.net/xJtL
http://u0u0.net/xJtL

加齢が原因で、爪が固くなることも

他にも、加齢によって起こる老化が原因で、足の爪が固くなることもあります。
例えば髪は白髪になりますし肌にはしわやたるみができるようになるでしょう。

このような老化現象は、爪にも起こります。
爪の老化現象というとポリアミンという物質が体の酵素不足で作られなくなることにより爪が分厚くなるのです。

 

健康な爪は薄くキレイに伸びますがポリアミン不足の爪は変形したり分厚くなります。
祖父や祖母の方など周りの高齢者の方で爪が盛り上がっていたり硬くて普通の爪きりでは切れない人もいるでしょう。

そんな方は、もしかしたらポリアミン不足になっていることも考えられます。
市販でポリアミン不足を解消するようなものもありますからそちらを使うとかなり良くなることがありますよ。

爪水虫と、ただの加齢の見分け方は?

197480

 

 

 

高齢者の方の爪のトラブルは、爪水虫なのかポリアミン不足なのかよく判らないことがあります。
ただ、爪が分厚く固くなる以外に、

  • 爪に線が入っている
  • 爪が割れたり、欠けたりする
  • 爪が乾燥してガサガサ、ゴワゴワしている
  • 爪が粉を吹いている
  • 爪に赤や黒い斑点がある
  • 爪は何層にもなっている

いずれかのものが見られたら、爪水虫の可能性が高いですね。

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら