096921

赤ちゃんや子供の足の爪が白くカサカサしていたリ、痒がっていたり、ぽつぽつとした小さな水泡が出来ていないでしょうか。
もしかするとそれは爪水虫にかかっているのかも知れません。

そうです、赤ちゃんや子供でも、親や家族からの水虫が移るので注意が必要です。
また、一緒に暮らしていれば、お風呂やバスマットからさらに他の家族へと感染する可能性があるので早めに対処することが大切です。

 

子供の爪白癬は、けっこう厄介ですよ!

ここでは赤ちゃんや子供の爪水虫の対処法や治療方法、原因などについても詳しくご紹介しますので参考にしてください。

幼児や子供の爪水虫の症状は?

256304

赤ちゃんや子供でも、爪水虫の症状や原因は、大人のものと大きな違いはありません。
爪水虫になると、足や手の爪の色が白濁したり爪の形が変形したり、厚くなってボロボロになってしまいます。

要は子供の爪の中にまで白癬菌が入り込んでしまっているので、治療には飲み薬が処方されるのが一般的です。

 

ちなみに、いきなり爪水虫になるケースはそれほど多くはありません。
足の水虫に気づかず放置しておくことで、爪水虫になることが多いですね。

それほどひどくない爪水虫であれば、塗り薬で対処できます。
爪水虫に進行してしまう前に、早めに対処することが大切です!

子供の爪水虫の画像がみたい!

子供の爪水虫の症状ですが、基本的に大人と同じです。
爪水虫の写真は以下の記事でまとめていますので、子供の爪水虫と写真をぜひ見比べてみてください。

⇒爪水虫の画像一覧はこちら

子供の爪水虫を治す方は?

’j«ŠÅŒìŽt_ƒtƒ@ƒCƒ‹

赤ちゃんや子供が足の指を痒がっていたり、爪が白く濁って厚くなっているなどの気になることがあれば、かかりつけの小児科や皮膚科で診てもらってもいいですね。
赤ちゃんや子供の場合、爪水以外にも趾間型足白癬や小水疱型足白癬などの足の水虫にかかっていることもあります。

この時点であれば、塗り薬でも対処できます。
しかし、爪水虫にまで進行していた場合には、治療も困難になります。

 

大人の場合には、塗り薬と飲み薬を併用しての治療になるのですが、小さな子供の場合には、有効成分の効き目が強く、副作用のリスクが高い塗り薬は、大人が用いるよりもよりリスクが高いです。

過去に、肝機能障害があった方ですが、爪水虫の飲む薬を飲んで死亡した例もあるほどです。

子供の爪水虫の塗り薬は、天然由来のジェルが定番

しっかりとした安全性が確立されていない爪水虫の飲み薬は、大人でも服用する際には飲み合わせなどの注意や、副作用の危険性が高いです。

ですから、小さな子供の爪水虫では、塗り薬での治療になるのですが、やっぱり薬なので副作用が強いんですよ。

 

そういうこともあって、赤ちゃんや子供の爪水虫には市販の爪水虫ジェルを使うのが定番になっています。
植物由来で副作用がないので、安心して使えますよ。

ちなみに今月末まで、全額返金保証キャンペーン中です。
詳しくは、以下の記事をお読みください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら