http://ur0.work/xIYL
http://ur0.work/xIYL

いつものようにストッキングや靴下を履こうと思ったら、足の爪に黒いカビや黒い斑点、血豆みたいなものができていてびっくりした、という経験はないでしょうか。
または、足の爪がほくろみたいだったり茶色いシミや点のように見えたり、爪が黒い内出血のように変色していないでしょうか。

どこかに足をぶつけてないのに、アザのようになっていないでしょうか。
もし心当たりがないのに爪先に黒いカビのようなものが出来ていたら、それは爪水虫が原因かもしれません。

 

日本では、10人に1人が爪水虫に感染していると言われています。
(もしご自身が爪水虫だと信じられない場合は、こちらの記事で症例写真をまとめているので、見比べてみてください)

足の爪に茶色いシミができる爪水虫って?

524164

爪水虫ってなに?という方も多いはずです。
もしも自分の足の爪に黒い内出血のようなものがあらわれたら、不安にもなりますもんね。

爪水虫の原因は水虫と同じで、カビの一種である白癬菌に感染することです。
10人に1人が爪水虫に感染しているとも言われていて、家庭内での感染率が非常に高いとされています。

 

家族みんなで共有している足ふきマットやスリッパなどから感染するケースがとても多いです。
爪水虫や水虫になっている家族が使用したスリッパを履いたり、素足で畳やフローリングを歩くことで、他の家族の足にも感染し爪水虫を発症します。

あなたの家族は、足の爪にカビのような黒い点があったり、爪が茶色いなんてことはありませんか?
もしかするとあなたは爪水虫をうつされたか…あなたが移してしまったかもしれません(;^_^A

今はただ爪の茶色いシミ。でも放っておくと…

079738

爪水虫は、水虫を長期間放置しておくことで起こるパターンが多いです(もちろん、水虫を通り越して爪水虫になることもあります)
皮膚の中に侵入した白癬菌が次第に爪の中にまで侵入していき、これが爪水虫となります。

爪水虫は一度、感染して発症するとなかなか完治しないとても厄介な病気です。
完治する病気ではありますが、治療には、かなりの根気が必要であると言われています。

 

水虫も治りにくい皮膚病ですが、爪水虫はそれ以上に治るのに時間がかかると思っておいて良いでしょう。
具体的には、半年くらい完治するのにかかってしまうケースも多いです。

ただ足の爪の黒い点が消えるのは、もう少し早いですけどね。
見た目は綺麗だけど実は爪水虫で、治療をやめると再発する…という期間がとても長いんです。

もし爪水虫を放置すると…?

それに今は爪水虫が内出血のように見えているだけでも、先ほど症例写真の記事をご紹介したように、

  • 足の爪がボロボロ、ガサガサになったり
  • 足の爪が割れたり欠けたりするようになったり
  • 足の爪がベロンとめくれるようになったり、
  • グジュグジュに膿んでしまって、手術が必要になる

なんてことも珍しくないんです。

爪水虫が黒い点のころは割とすぐに治せますが、膿んでしまうと1年単位で治療が必要になります。
でも、爪水虫は必ず治る病気なので、地道に治療していきましょうね!

実質無料の、爪水虫専用ジェルがおすすめ!

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら