http://ur0.work/xIYL
http://ur0.work/xIYL

私たちは足の爪に黒い斑点や黒い点を見つけると、ついすぐに「これってメラノーマなのでは?」と思ってしまいますよね。
それもそのはず、もしメラノーマだったら大変ですから。

でも、この足の爪の黒い点は「爪水虫」の可能性の方がとーっても高いんです。
爪が分厚くなり、白色や褐色に濁りボロボロになっていくのが爪水虫でよく見られる症状です。

爪水虫でも足の爪に黒い点が出来ることがある

http://ur0.work/xIYL
http://ur0.work/xIYL
http://ur0.work/xIYP
http://ur0.work/xIYP

爪水虫の症状には、黒いシミや黒い斑点が出来たり、血豆みたいになったり、ほくろみたいなものが爪に出来る人もいます。
他に、茶色いシミが出来たり内出血をしているみたいな赤色や赤紫色になるケースもあります。

まるでアザみたいに爪が変色することもあります。

 

白濁するだけならまだしも、黒い斑点などができれば、メラノーマかと疑ってしまう人もいるでしょう。
メラノーマのようなガンや悪性腫瘍の可能性があるんじゃないかと、不安になってしまう人も多いはずです。

そこでこの記事では、メラノーマと爪水虫の見分け方をご紹介します。
また、爪水虫の治療方法についてもご紹介します。

黒い縦線がでたらメラノーマの可能性がある

115793

メラノーマと爪水虫は、似たような症状が出ますが、メラノーマの場合には黒い斑点というよりも黒い縦線が出来ます。
半年から1年ほどの短期間の間に、その色が濃くなり、縦線のすじが拡大されるという特徴もあります。

メラノーマは進行すれば、爪が割れたり、色素のシミ出しが見られることもあります。
色素班の一部分に塊のような腫瘍が現れることもあります。

 

このような変化が短期間のうちに起きた場合には要注意です。

メラノーマの発症率はとっても少なく、高齢者がほとんど

メラノーマのような悪性腫瘍では、1年から2年ほどの短期間で爪の色が変わったり、変色した部分の大きさの変化の大きさが著しいという特徴があります。

悪性腫瘍として有名なメラノーマですが、10万人に1人から3人くらいの発症率と非常に少ないです。
メラノーマを発症するのは高齢者がほとんどです。

 

40歳以降に見られることがほとんどなので、足の爪に黒い斑点などが出来ても、若い人であればメラノーマを疑い不安に思う必要はまずないと言っていいでしょう。

もしもマニキュアやジェルネイルをしているなら、メラノーマではなく、爪水虫である可能性が高いです。
ジェルネイルなどは、爪への負担が大きく、生えてきた自爪との境から水が入り込むので、湿気が高くなり爪水虫になる人が多いです。

一方で爪水虫は10人に一人が感染している

118165

爪水虫は日本では10人に1人が爪水虫に感染していると言われていますので、何も珍しい病気ではありません。
しかし、珍しい病気ではないからと言ってそのまま放置しておいても治るものではありません。

かなか完治しないとても厄介な病気ですから、爪水虫かもと思ったらできるだけ早く治療を始めることが大切です。

他にも、こんな方法で爪水虫とメラノーマを見分けられる

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら