http://ur0.work/xIYP
http://ur0.work/xIYP

夏の暑い季節になると裸足になることが多くなりますが、自分の足の爪に黒い横線があることに気がつくことはありますよね。
爪に黒いしみや黒い斑点、シミが出てきたり内出血、赤紫色、アザ、黄色っぽい、白い線、亀裂などいろいろな症状があります。

他にも血豆みたい状態やほくろみたいなものがあると要注意です。
最初はどこかで打ったりしたのかと思う事もあるでしょうが、もしかするとそれは病気かもしれないんです…。

足の爪に黒い横線があるのは、爪水虫の可能性が高い…

爪にも病気がありますが、可能性が高い病気に爪水虫があります。
爪水虫は誰にでも起こる爪の病気で、気がつかないだけで10人に1人は爪水虫だと言われているのです。

爪水虫の症状には色々なものがありますが、次のようなものが爪に診られる場合疑って下さい。

足の爪に白や黒い横線や縦線、横じわ、縦じわが入っている…。
これらは白癬菌というカビが、爪と皮膚の間に入り込んで繁殖するために起こる症状なんです。

実際の爪水虫の写真が、こちらの記事でご紹介しています

 

爪水虫は感染症の為、それまでそのような症状が無かったならば誰かに移されたということになるでしょう。
特に夏場は爪水虫が発生しやすく、人に移ることが多い季節だと言われています。

爪水虫は、夏と冬になりやすい

304020

なぜなら家の中を裸足で歩くことも多くなりますし、靴下を履く機会が減るからなんです。
どうしても夏場は、足もとも無防備になり白癬菌が爪に入り込む可能性が高くなってしまいます。

あとは冬に爪水虫に感染して、靴下を脱ぐ機会の多い夏に爪水虫に気が付いた…というケースも多いです。
ブーツをはいたり厚手の靴下をはいて、爪が蒸れてしまうからですね。

 

夏場は裸足になる機会が多いので足の爪にネイルをしている女性も多いですが、爪水虫の人はネイルをしない方が良いでしょう。
爪水虫になると黒い斑点やシミなどが爪に出る為、ネイルで隠したい気持ちは判りますが、ネイルをしてしまうと悪化します。

ネイルをしてキレイになっても、ネイルの下は爪水虫が感染している爪ですから良くなる事はありません。
最悪の場合、爪が剥げちゃうかもしれませんよ!

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら