http://ur0.pw/yhCO
http://ur0.pw/yhCO

爪水虫の治療薬として使われるものの中に「マリンゾール外用液」があります。
マリンゾールは水虫の薬としてもよく知られていますが、現在はジェネリック医薬品も出ているので、名称が違う事もあります。

マリンゾールは皮膚に寄生している真菌細胞膜の増殖を抑える作用があります。
ジェネリック医薬品の場合は、多少成分の違いもありますが、使用してみて効果ない、悪化したというような場合は、正規品に変えてもらうという事もできます。

 

しかしジェネリック医薬品だからといって、影響や効果にそれほど神経質になる必要はありません
もちろん考え方は人それぞれですから、どうしても正規品がいい場合は、マリンゾールを処方してもらってください。

マリンゾールは、塗り薬や外用薬などの種類もある

128711

マリンゾールは、水虫の治療薬として有名ですが、塗り薬や外用薬もあります。
どれくらいの期間で治るかについては、一般的に爪水虫の原因となる真菌をブロックするまでには、2週間から4週間はかかります。

医薬品ですが付けてすぐに、爪水虫がみるみる改善していくという事ではありません。
処方された場合は、医師の指示に従い正しく使用する事も大切です。

使用して数日ではまだ十分な効果が発揮されないため、治らないと決めつけずしばらく続けてみましょう。

 

また真菌に作用する薬は、1日1回の使用というものが多いです。
多くつけたからといって、爪水虫に早く効く、良く効くという事はありません。

うっかりしていて付け忘れた場合は、翌日に2日分付けるような事はせず、1日1回を厳守しましょう
治療薬は毎日続ける事にも意味がありますので、できるだけ忘れずに済む時間帯を決めておくと安心です。

マリンゾール外用液は授乳中・妊娠中でも大丈夫?

309793

これについては、マリンゾール外用液の使用上の注意には、妊娠または授乳中とあります
使用上の注意に該当する場合は、何らかのリスクがある可能性が考えられますので、安易に自己判断せず医師に相談する事をおすすめします。

 

マリンゾールの副作用がもし出てしまったら

079738

副作用についてですが、医薬品には何らかの副作用がありますので、これは覚えておきましょう。
マリンゾールの副作用は、刺激感、皮膚炎、発赤、紅班、かゆみ、びらん、亀裂、水泡、乾燥などが報告されています。

しかし副作用は人により出方も違いますし、絶対に出る、絶対に出ないとも言い切れません。
もし副作用が出た場合は、使用を中止すれば症状は自然に改善されていきます。

念のため、副作用が出たら医師にも相談しておきましょう。
症状に合わせて治療薬を変える事ができます。

マリンゾールではないけど、副作用がない市販の爪水虫ジェルもある

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら