http://ur0.pw/yhzZ
http://ur0.pw/yhzZ

爪水虫の治療薬に「メンタックス外用液」というのがあります。
メンタックス外用液は皮膚科で処方される治療薬です。

メンタックス液を使う場合の注意点や、副作用について紹介します。
ちなみに同じ爪水虫治療薬のアルタットとビフォノールについては、以下の記事でご紹介しています。

⇒爪水虫治療薬「アスタット」について
⇒爪水虫治療薬「ビフォノール」について

爪水虫治療薬のメンタックス外用液って、どんな薬?

474975

メンタックス液は医薬品となるので、薬局やドラッグストアでは購入できません
種類はベンジルアミン系抗真菌薬となっており、1992年から発売されるようになりました。

爪水虫の原因となる白癬菌は真菌の一種ですから、抗真菌薬が有効です。
メンタックス外用液は白癬菌にも有効ですから、爪水虫の治療にもよく使われます。

 

抗真菌薬には種類があり、種類によって作用や期待できる効果が違います。
メンタックス液は、真菌を殺す作用があるので、症状の悪化を防ぐ事ができます。

真菌を殺すくらいですから、やや強力な薬という事になります。
メンタックスには、メンタックスクリーム、メンタックス液の2つのタイプがありますが、液体は浸透力にすぐれている分、副作用のリスクは高くなります

メンタックスクリームが効果ない、効かないと思うのであれば、ぜひメンタックス外用液の方を使ってくださいね。

 

ただし全身に塗布するわけではないので、副作用が出たとしても塗った部分にだけ出ますし、それほど重篤な副作用は確認されていません。
副作用が起きる場合は、刺激感、接触性皮膚炎、発赤などです。

もしも副作用が出て症状が辛い場合は、使用を中止すれば徐々に治まっていきますが、念のため医師に相談してください。
(副作用がどうしても気になる場合には、こちらの記事で紹介しているような、市販の植物由来のジェルをお勧めします)

メンタックスの塗り方、使い方は?

458744

メンタックス液はアルコールを配合している事が多いので、クリームに比べるとベタつきはほとんど気になりません。
むしろ使い心地は一番いいかもしれません

ただし蒸発しやすいため、保湿効果が持続しません。
真菌を殺す効果が高いのはメリットですが、浸透力が高い分刺激が強くなるので使用上の注意をよく聞き守りましょう

 

大抵はスプレーになっているので、直接触れずに使用できます。
刺激が若干強いものの浸透力にすぐれていて、抗菌効果も1日持続します。

1日1回塗布すればいいですし、スプレーなら使いやすく続けやすいのもメリットです。
メンタックス液は授乳中・妊娠中でも大丈夫?これについては、使用上の注意に「妊娠または授乳中」とありますので、該当する方は使用を控えるか医師に相談してください。

副作用がない、市販の爪水虫専用ジェルもある

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら