533542

爪水虫もひどくなってしまうと、手術が必要になる…と聞いたことはありませんか?

どのような状態になってしまうと、手術をしなくてはならないのでしょうか?
また手術費用や期間はどれ位かかるのでしょうか?

 

爪水虫は、痛みやかゆみなどの症状がほとんどない為、気がついた時にはかなり悪化していたという事がよくあります。
特に男性は爪の異変に気がつくことが少なくかなり深刻な状況になっていたという人もいるのです。

爪水虫を治す手術は、実はない

472848

最初のうち爪水虫の症状としては、爪の変形や変色などのちょっとした変化のため、気がつく人の方が少ないでしょう。
そのうちに、爪が割れたり、爪が剥げたり膿を持つなどの激しい症状が爪水虫には起こるのです。

こうなってきた場合、爪水虫の飲み薬や塗り薬では対処しきれない場合があります。
そうなると、爪を剥がして治療することになりますが、爪水虫を治す手術というのはありません。

 

爪を剥がしたり白癬菌に感染した皮膚を切除することによって、白癬菌の影響を無くす手術をするわけですね。
手術は、ペンチで爪を剥がしメスで患部を切り取る外科手術があります。

言わずもがな、ペンチで爪を剥がす方の手術は、大掛かりで痛みもものすごいです。
でも”そうするしかない状態”まで悪化すると、この痛い爪白癬の手術を受けないといけません。

具体的な爪水虫の手術の内容は…

まずは爪を剥ぎ、その下に溜まっている膿などを取り除きます。
もちろん外科手術ですから部分麻酔などをするでしょうが、人によっては激痛を伴うそうです。

膿を取り除いでも皮膚の奥に白癬菌が感染していますので、白癬菌が感染している部分の皮膚を切除します。
爪を剥いだ皮膚の下のほうをえぐるように取る事が多いです。

 

術後は、ばい菌が入る可能性があるため消毒や包帯の付け替えも必要ですし、抗生物質もかなり長い時間飲みます。
状態によっては歩行が困難な場合もしばらく続きます。

流石に手術だし、すぐ爪水虫が完治すると思われているけど…

141316

なんとこの手術、完治には一般に1年から1年半かかると言われているのです。
爪が順調に生えてくれば別ですが生えてこない場合はさらに治療期間が長くなります。

手術で爪を剥いだからといって必ず次の爪が生えてくるというわけではないのです。
とても患者さんに負担がかかってしまう手術なんですが、白癬菌が残っていると間違いなく再発します。

 

爪水虫を再発させない為には、このような外科手術で白癬菌が感染している所を切除するしかありません。
費用は保険適用でトータルすると10万円程ですが病院によって違います。

爪水虫は、手術しなければならなくなるまで放置せず早い段階で対策を取る事が大切です。
そのためには、ちょっとした爪の変化などにも気を付けなければなりませんね。

まずは無料で試せる、爪水虫ジェルから

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、爪が割れ無くなればラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒爪水虫専用ジェルの詳細はこちら