http://ur0.work/xJ1n
http://ur0.work/xJ1n

ペディキュアを塗ろうとしたり爪を切ろうと足の爪をよく見てみたら、爪が何層にもなっている、と気がついたことってないでしょうか。

爪が二重になっている場合、これは二枚爪と言われるものです。

足の爪が二枚爪になっていたら、カルシウム不足が原因?栄養不足?何を食べればいい?と心配になってしまいすね。

実は爪にカルシウムは関係ない?

491082

爪は、健康のバロメーターと言われたり、第二の皮膚とも言われていて、思っている以上に健康に深く関わっています。
肌の調子や顔色で、その日の体調が分かるように、爪の色や形によって、その人の健康状態などを知ることが出来ると言われています。

しかし、爪は骨とは違うので、爪を丈夫にするためにカルシウムをたくさん摂るのはあまり意味がありません。
皮膚を守るためにある爪は、皮膚の一部が硬くなってできたもです。

 

たんぱく質の一種であるケラチンが変化してできたものが爪です。
ですから、二枚爪にならないような美しい丈夫な爪を作るためには、皮膚と同じように、お肉や魚、卵などの良質なたんぱく質が必要になります。

また、皮膚や粘膜、血管などの細胞を作り出すのに欠かせないビタミンAや、血行を良くするビタミンE、赤血球の材料となり酸素を体の隅々にまで運んでくれる鉄分などが必要となります。

ちゃんと食べてるのによくならない場合は…病気かも?

399011

二枚爪を改善するためには、これらの栄養素をバランス良く摂ることが大切です。
しかし、これらの栄養素を摂っても二枚爪が良くならないケースもあります。

どういうことかと言えば、二枚爪の原因が、栄養不足によるものではなくて、爪水虫に感染していることで起こるケースがあるからです。
爪水虫とは、白癬菌というカビ菌に感染することで起こる爪の病気で、二枚爪の症状が起こることもあります。

 

爪水虫になると、二枚爪の他にも、爪が白く濁ってきたりボロボロともろく欠けるなどの症状も起こります。
ですから、爪水虫に感染していた場合には、いくらたんぱく質やビタミンなどを摂って栄養バランスを心がけた食事をしても、回復することはありません。

爪水虫の原因菌にアプローチする薬で対処しなくては治りません。

爪水虫だった場合は、放っておいても良くならない…

爪水虫は、早めに治療をしないと、どんどん症状が酷くなります。
たかが爪、と軽く見ていてはいけません。

白癬菌に感染した人が家族にいれば、スリッパやバスマットを共有することですぐに移りますし、疲れが溜まっていて身体の免疫力が低下していれば、あっという間に爪が変色しボロボロになる爪水虫を発症します。

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら