http://ur0.pw/yhUs
http://ur0.pw/yhUs

皮膚科で処方する爪水虫の治療薬は、塗り薬、外用薬などいくつか種類があります。
「ニトラゼン」も爪水虫の治療薬として、皮膚科で処方される、ジェネリック医薬品の一つです。

ニトラゼンは爪水虫に効果ある?

107254

ニトラゼンは爪水虫の原因となる真菌の代謝を邪魔して死滅させる働きがあります。
抗真菌薬ですから、高い効果が期待できます

ただし使用してすぐに真菌が全滅するわけではありませんし、爪に変色や変形が出ている場合はすぐに元には戻りません。
爪水虫の治療には長い時間がかかります

 

直ぐに治らない、効果ない?と決めつけずに、治療を続けてください。
どれくらいの期間で治る?これについては、一般的に2週間から4週間は必要です。

人によってはもっと時間がかかる事もあります。

もし悪化してしまったら…

080710

治らない、悪化したという場合は、正しく使用している場合は薬が合っていない可能性があります。
この場合も自分で判断せずに、医師に相談してください

ただし妊娠中や授乳中に関しては、使用を控えるように注意しています
どうしても治療に必要な場合は、必要最低限の使用にとどめます。

具体的には授乳中でどうしてもニトラゼンのしようが必要な場合は、ニトラゼンを使用した場合は授乳を控えるなど工夫すれば対処できますよ。

 

どうしても副作用が気になる場合には、この記事の最後でご紹介するような植物由来で出来た副作用のない爪水虫ジェルをお勧めします。

ニトラゼンの副作用について

473330

ニトラゼンは、ジェネリック医薬品でも医薬品である以上、何らかの副作用のリスクはあります。
今のところでは、接触皮膚炎、発赤、紅班、そう痒、刺激感、水泡、発疹、亀裂、疼痛などがあります。

ただしこれらすべての副作用が全員に出るというわけではありません。
全くなんの問題もなく過ごしている人もいますし、いくつかの副作用が複合してしまう事もあります。

 

これは個人差が大きいため、使用してみないとわからないものです。
もしもニトラゼンを使用して、これらの症状がでたら直ぐに使用を中止して医師に相談してください

爪水虫の治療は継続する事が重要ですが、副作用が強い場合は継続が難しくなってしまいます。
こういう時は他にもいくつか治療薬はあるので、治療薬を変えるという事もできます。

 

いずれにしても、どの治療薬を選ぶか、継続するか決めるのは医師と相談しながらです。
自己判断で薬を辞めたり、一時的に注意したりしないよう注意してください。

副作用の心配がない商品もある

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら