http://ur0.pw/yhBm
http://ur0.pw/yhBm

爪水虫の治療薬に「ニゾラール」があります。
爪水虫の治療薬にはいくつか種類があって、症状や体質により使い分けをします。

浸透性にすぐれている事から、液体外用薬がよく使われますが、塗り薬として軟膏やクリームを使用する事もあります。
ニゾラールには液体とクリームの2つのタイプがあります。

爪水虫の治療薬ニゾラールって、どんな薬?

’j«ŠÅŒìŽt_ƒtƒ@ƒCƒ‹

ニゾラールは、皮膚科で処方される治療薬です。
医薬品となり処方箋がないと購入できませんので、ドラッグストアや薬局で購入できる薬ではありません。

効果については、医薬品という事から有効成分の含有量や種類が市販薬とは異なりますので、効果は期待できます
爪水虫への影響は?については、ニゾラールは爪水虫の原因となる、真菌の増殖を抑える働きがあります

 

真菌が今以上に増えないようにするのが、ニゾラールの役目です。
効果ない、悪化したという場合は、正しく使用していないか、治療薬が合っていない可能性がありますので、担当の医師に相談してください。

ニゾラールのような処方薬でも、使って直ぐに効果が出るわけではありません。
爪水虫の治療薬の場合は、大体2週間から4週間使用して様子を見ます

 

どれくらいの期間で治る?かについては、最低でも2週間から4週間は様子を見てください。
それでも効果ないと感じたら、一度医師に相談してみましょう。

ニゾラールは授乳中・妊娠中でも使える?

096921

妊娠・授乳中については、ニゾラールの注意書きには、妊娠または授乳中は使用する前に医師に相談するように書いてあります。
この場合は自己判断で使用するとリスクがあるという事ですから、自己判断で使用はせずに必ず医師に相談してください。

妊娠が分かる前に処方してもらっていても、妊娠後は念のため医師に相談する事をおすすめします。

ニゾラールの副作用は?

473079

ニゾラールの副作用についてですが、主な副作用は接触性皮膚炎、そう痒、発赤、紅班、使用部位への刺激感、糜爛などがあります
もしもニラゾールを使用してこれらの症状があらわれたら、副作用の可能性があります。

この場合は使用を中止すれば、副作用の症状は徐々に改善していきます。
念のため副作用が出た場合は、医師に相談して指示を仰いでください。

 

治療薬が合わない場合は、違う薬に変更する事もできます。
ただしどの治療薬がいいかは、人による違い、症状による違いもあるので必ず医師に相談する事をおすすめします

ニラゾールは1日1回の使用です。
多く使っても効果は変わりませんので、正しく使いましょう。

それでも、副作用が怖い場合は…

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら