http://ur0.work/xIYo
http://ur0.work/xIYo

爪を切るときやペディキュアをするときに、「あれ?足の爪の色が白っぽい!」と気になったことはないでしょうか。
親指の爪だけなぜか白く濁っている、くすんでいる、というような状態になっていないでしょうか。

あるいは、足の爪が真っ白になっていないですか。
このように、本来であれば透明なはずの足の爪の色が変化しているようなら、そのまま放置しないでください。
何かの病気?治す方法は?放置してもいい?病院に行ったほうがいい?などと不安になるかと思います。

 

また、元のように爪を透明にする方法は?と何か対処しなければ、と思いながらも何をしていいのか分らないまま、そのままにしている人も多いかも知れません。

足の親指の爪が真っ白…それは爪水虫かも

456154

足の爪が白くなるのは、爪水虫の可能性が高いです。
というのも、10人に1人が爪水虫にかかっているとも言われています。

先ほども載せましたが、以下のような爪ではありませんか?
それならなおさら、爪水虫の可能性が高いですよ。

http://ur0.work/xIYo
http://ur0.work/xIYo

 

一般的に爪水虫は、足の親指から始まります。
つまり脚の親指だけ白くても、爪水虫の可能性が高いんです。

そして爪水虫は、放置しておけばどんどん症状が悪化していきます。
となりの指にも移ったり、爪を切ったりするときに足の指を触るので、手にも感染することもあります。
また、家族にも移る可能性が高いです。

 

同じバスマットやスリッパを使う機会が多い家族への感染率がとても高です。
目には見えない爪の垢、皮膚の垢が知らず知らずのうちにいろいろな場所に落ちていきます。

これに爪水虫の原因菌である白癬菌が潜んでいるので、素足にそれが付くことで移ってしまいます。

爪水虫は家族に水虫がいなくても、感染する人は多い

446908

柔道や剣道などの格闘技を行っている人たちの間で集団感染をすることもあります。
また、ジェルネイルやスカルプなどの持ちの良いネイルをしていると、自爪との間に水が入り込み菌が侵入し繁殖しやすいので、爪水虫になりやすいです。

爪水虫は、普通の水虫と同様に、高温多湿の環境がとても大好きな白癬菌が繁殖することが原因で起こります。
ブーツやビジネスシューズ、パンプスなどを長時間履いて蒸れやすい足は、水虫にもなりやすく、水虫を放置することで爪水虫になります。

 

普通の皮膚に出来る水虫よりも爪水虫は治るのに時間がかかりますから、できるだけ早く治療を始めることが大切です。
親指が真っ白になっていても、爪が伸びて生え変わったら大丈夫なのでは?とあまり気にしない人も多いようです。

放っておいても治らないのも特徴

しかし、白癬菌に感染した爪は、何もしないで自然治癒することはまずありません。
症状も進行していき、爪も厚くなり、ボロボロとはがれ落ちるようになります。

爪に出来る水虫なので、痛みや痒みもないことも治療が遅れる原因になっているようですが、このような症状があれば、すぐ治療を始めましょう。

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら