096921

妊娠中や授乳中でも、爪水虫に感染する可能性はあります。
大抵の場合家族の中に爪水虫の人がいると、高い確率で家族の誰かにも感染します。

でも妊娠中や授乳中の爪水虫の治し方は、少し普段とは違いますよね。
爪水虫の飲みブスリや塗り薬が、お腹の中の赤ちゃんにどんな影響があるかわかりませんから。

 

では、妊婦さんは爪水虫をどうやって治せばよいでしょう?
また授乳中や妊娠中に爪水虫を副作用なく治す方法はあるのでしょうか?

爪水虫の塗り薬、妊婦さんに副作用は無い?

118165

妊娠中に爪水虫になっても、きちんと治療をすれば完治させる事も可能ですし、一度はボロボロになってしまった爪を元に戻す事もできます。
ただし妊娠中や授乳中の爪水虫の治療には長い時間がかかりますし、放置していた時間が長く悪化させるほど、完治までには相当の時間がかかる事を覚えておきましょう。

妊婦さんの爪水虫の治療には、塗り薬を使うのが一般的です。
理由は簡単で、爪水虫の飲み薬は授乳中や妊娠中には、副作用の影響が強いからです。

 

軟膏やクリーム、液体など塗り薬のテクスチャーもいろいろありますよ。
ただし皮膚の奥に浸透させるため、妊娠中や授乳中だったとしても、お医者さんに相談するよう注意書きに書いてある事が多いです。

爪水虫の塗り薬、赤ちゃんへの影響は大丈夫?

481381

爪水虫は塗り薬でも、十分に効果が期待できるものはあります。
赤ちゃんへの影響は?大丈夫?これについては、薬の種類にもよります。

注意書きに妊娠中や授乳中の使用を控えるように書いてある場合は、おすすめできません
最近は市販薬でも浸透力の高い塗り薬は出ていますが、皮膚に浸透させて使うので、妊娠中は子供への影響、授乳中は母乳への影響に不安が残るんですよね。

 

妊娠中や授乳中は、爪水虫飲み薬はもちろん、塗り薬でもでも浸透力にすぐれているものは体に影響を与える可能性があります。

具体的に、どんな副作用があるの?

128723

爪水虫の塗り薬の副作用ですが、薬によって様々です。
ただ少し例を挙げると、塗布した部分の発赤や刺激感、紅班などが多く見られます。

副作用が赤ちゃんに影響を与えるかどうかは、医師とよく相談してください。
使用に関して医師の許可をもらっていても、副作用が出る事があります。

もし副作用が怖い場合は…

最近では、植物由来成分で副作用の無い、爪水虫専用ジェルのクリアネイルショットが、市販で販売されています。
クリアネイルショットなら授乳中でも妊娠中でも問題なく使えますよ。

以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら