http://ur0.work/xIYo
http://ur0.work/xIYo

ふと自分の足の爪を見てみると、爪の色が白っぽい、白く濁っている、と気になったことはないでしょうか。
いつもの爪の色とは違い変色しているかも、と思ったら注意が必要です。

くすんでいる、爪が真っ白になっている人も要注意です。
足の爪にこのような異変があったら、そのまま放置していてはいけません。

原因は?何かの病気?治療方法は?と心配になってしまいますね。

 

放置していてもいい?病院へ行った方がいい?元のように爪を透明にする方法は?という疑問も出てくるかと思います。
足の爪が白濁したりくすむ原因や、治し方について詳しくご紹介しますので参考にしてください。

足の爪の白濁は、まず爪水虫を疑うべき?

118165

足の爪の色は本来であれば透明ですが、白く濁っていたりくすんでいたり、真っ白になっていたら、爪水虫に感染している可能性が高いです。
爪水虫の原因は、白癬菌というカビの一種です。

爪水虫という名前を初めて聞いたという人も多いかもしれませんが、これは10人に1人が感染しているとても身近な病気です。
若い人でも高齢者でも多く見られる爪水虫は、家庭内での感染率が非常に高いです。

 

爪水虫に感染している人が歩く畳やフローリング、マットの上を素足で歩いたり、スリッパを共有することはとても危険なことですが、目には見えないものなので、気づかないうちに移ってしまいます。

若い女性は、白く濁る脚の爪に特に大変…

525813

爪の色が変色するので、特に外見を重視する若い女性の悩みは深刻なものになります。
特に夏場などには水着になり肌の露出が増えてペディキュアやネイルで指先のおしゃれを楽しみますが、これも爪水虫になったらできなくなります。

爪水虫になったせいで、海水浴などのレジャーやスパに行くのを躊躇ってしまう女性も多いようです。

白濁した脚の爪は、どうすれば元に戻るの?

爪水虫は、皮膚に出来る水虫よりも治療に時間がかかります。
爪という硬い組織に白癬菌が感染するので、爪がキレイに生え変わるまで、半年、1年と粘り強く治療をしていくことが大切です。

女性の場合、爪水虫ができたことが恥ずかしかったり、あるいは病院に行くのが面倒だったりして、治療が遅れることが多いです。

 

または、爪が伸びれば治るのでは?と思ってそのまま放置する人もいます。
しかし、爪水虫は放置しておいても自然治癒することはなく、反対に症状はどんどんひどくなり、ネイルなども楽しめないボロボロの爪になります。

また、家族などの周囲の人へ移してしまうので、爪の色がおかしいと思ったら爪水虫を疑い早めの治療をすることが大切です。

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら