491082

爪水虫が出来るのは、足の親指だけって思っていませんか。
実は爪水虫というのは、足以外にも身体のあらゆるところに移ってしまうとても怖い皮膚病なのです。

手にうつる?他の部分にも感染する?など、不安に思っている人も多いかも知れません。
実は爪水虫は、足以外にも手や頭、おたまなどに感染しやすいので注意が必要です。

水虫の原因菌は白癬菌

この白癬菌が爪に感染した場合、爪水虫となります。
爪水虫は、白癬菌の貯蔵庫のようなものです。
そのまま放置しておけば、痛みや炎症、色が濁る、爪の形が変形するなど、症状が悪化していきます。

進行すれば、それが他の指の爪や他の部位にも感染してしまいます。
感染力はそれほど強くない白癬菌ですが、白癬菌に感染した爪がボロボロ落ちるなどして、感染しやすい環境にあります。

 

爪水虫の原因菌である白癬菌は、頭に感染した場合、頭部が白っぽくなります。
頭に水虫が出来るのを、頭部白癬と言ったり、白っぽくなるのでシラクモなどとも言われています。

シラクモは、汗っかきの子供になりやすい傾向にあります。
汗っかきの子供は、頭にもたくさん汗をかくものの、自分で頭をしっかり洗うことが出来ず不潔になりやすいです。
ですから、どうしても頭部の水虫であるシラクモになりやすいです。

 

急に頭を痒がるようになったり、強くかきむしることが多くなれば注意が必要です。
頭を頻繁に強くかきむしってると、抜け毛や脱毛の原因となります。

爪水虫がうつりやすいのは手!

263870

爪水虫や足水虫をそのまま放置しておくことが、手水虫の最も大きな原因です。
爪水虫や足水虫に感染していれば、爪を切る際や入浴時などに手で直に触れるので、すぐに移ってしまいます。

手の水虫を発症するケースは稀ですが、手湿疹と症状が似ているため、かなり深刻な状態になってから、手水虫と気づくケースが多いです。
まさか手が水虫に感染しているとは思わないので、湿疹だろうと自己判断して、手荒れ用の薬で対処してしまう人が多いです。

 

この結果、かなり重症になってから、はじめておかしいと思い病院で診てもらうことになります。
完治が難しい状態にまで重症化してしまうケースも多いのが手水虫ですから注意が必要です。

そしてついに、「インキンタムシ」に…

おまたに白癬菌が感染した場合、股間白癬と言われます。
俗称ではインキンタムシと呼ばれています。
これは、若い男性に発症することが多いですが、女性にも見られます。

インキンタムシになると、股間周辺や太ももの付け根あたりに小さなぶつぶつが出来るようになります。
この小さなぶつぶつには黄色っぽい粘液が入っているのですが、これがつぶれると白癬菌がさらに広がり症状が悪化していきます。

 

痛みや痒みといった不快な症状が起こりますが、場所が場所なだけに、なかなか周囲に相談もできず、病院に行くのもかなり悪化してからでないと行けない人が多いようです。

…というわけで、爪水虫は早めに対策しましょう

この記事を読んで、早めに爪水虫の対策をすることが、いかに大切かわかっていただけたのではないでしょうか。
最近では市販の爪ケア専用ジェルも出ていて、早い人では数週間で桜色の爪に戻ります。

以下に使い方などを紹介した記事を貼っておくので、良ければ読んでみてください。
きっとすぐに、人に見られてもへっちゃらな爪になりますよ。

市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら