107254

爪水虫の治療は皮膚科に行くのがベストと考えられていますが、最近は市販薬も進歩しており、良い物が増えています。
症状にもよりますが、悪化させる前であれば、市販薬だからといって、治らない、効果ない、という事はありません。

爪水虫の治療薬は、悪化させる前であれば市販薬でも十分に対処できます

市販薬は浸透しないって、本当?

481381

最近は市販薬でも浸透力の高い物が出てきていますので、市販薬だけでも治る可能性は十分にあります
今までは塗り薬だけで完治する?という疑問も多かったのですが、浸透力の高い物を選べば、外用薬でも爪水虫の治療をする事ができます。

外用薬はあまり効果がないと思われてしまうのは、浸透力が悪かったからです。
市販薬でも浸透力の高い物を選べば、皮膚の奥まで浸透していきます

 

浸透を妨げる原因としては、肥厚も考えられます。
これは爪が分厚くなる症状ですが、厚みがあるため外用薬を塗布しても有効成分が浸透していきません。

こういう場合も浸透力の高い市販薬は効果が期待できますが、肥厚している爪にヤスリをかけると分厚い爪を削り薄くできるので、さらに浸透しやすくなるというメリットがあります。
ただし削りすぎると爪を傷めてしまうので、健康な爪と肥厚している爪の境界線ギリギリで留めておく事が大切です。

でも、しっかりと注意書きを読んでから使いましょう

096505

市販薬にも使用上の注意がありますので、必ず使用する前に注意書きをよく読んでおきます
使用回数も指示を守り正しく使用する事が大切です。

市販薬も処方薬も正しく使う事で、効果が発揮されます。
多く使ったから早く治るという事はありません。

 

外用薬の効果がどのくらいでではじめるのかは、大体2週間から4週間は様子を見ます。
個人差もあるのでもう少し時間がかかる事もありますが、直ぐに効果ないと決めつけずしばらくの間使ってみてください。

使っても効果が実感できない場合は。。

079738

ある程度の期間使用を続けても、治らない・効果ないと感じた場合は、そのまま使用していると悪化させてしまう可能性がありますので、早めに病院に行って医師に診てもらう事をおすすめします。
市販薬で対応できる症状もありますが、悪化させているような場合は市販薬では対応できない事もあります。

ここの判断が難しいところですが、初期なら市販薬を試してみるのもいいかもしれませんね。

 

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルも、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、良ければ使ってみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら