http://ur0.work/xIYP
http://ur0.work/xIYP

糖尿病になると、足の爪が変色したりして、爪の異常がみられるようになります。
もし今あなたの足の爪が黒い場合、とっても怖いですよね。

でも同時に、糖尿病だけが足の爪を変色させるわけではありません。
むしろ10人に1人が感染すると言われている、爪水虫が原因かもしれないんです。

 

なお糖尿病はとてもデリケートな問題なので、正しい診断はお医者さんに直接診断してもらってくださいね。

 

糖尿病の足の爪の見分け方は?

245691

実際、爪水虫と糖尿病の爪の異常は、似ている点がいくつかあります。
例えば

  • 爪が固くなる
  • 爪が分厚くなる
  • 爪に線が入る
  • 爪が乾燥して白い

などなど…。

実際、糖尿病の爪の写真と爪水虫の爪の写真を見比べても、ほとんど変わりません。

 

一方で糖尿病しか見られない爪の異常もあります。
それは、

  • 巻き爪
  • 爪に小さい縦線が入っている(爪水虫は横線のことが多い)
  • 足の爪がまるで雲のように膨れ上がる

です。

爪水虫の場合、どこかで爪が割れたり欠けたりすることが多いのですが、糖尿病の爪の場合は、まるで固い綿あめのように爪がどんどん膨らんでいくことがあります。

 

ちなみに糖尿病で爪が剥がれるというパターンは、あまり聞いたことがありませんね。
爪水虫は爪が浮いて白くなったり、ベロンとはがれることがよくあります。

ちなみに爪水虫の症例写真は、以下の記事でご紹介しています。

⇒爪水虫の爪の写真はこちら

 

糖尿病の見分け方は、爪の写真以外で判断を!

128723

そうはいっても、やっぱり爪水虫と糖尿病の爪の変色や異常は似ています。
なので糖尿病か爪水虫の見分けは、爪以外で判断したほうが良いと思いますよ。

爪水虫は爪だけの問題なので、ほかの体の部位に特に異常はありません。
もちろん爪水虫が手に移ることはありますけどね。

 

一方で糖尿病の場合、

  • 最近、ものすごく喉が渇く
  • よくトイレに行くようになった
  • 何を食べてもお腹が膨れない
  • 生活に変化はないのに、体重がみるみる減っている
  • 足が痙攣したり、こむらがえりが頻繁に起こる

など、わかりやすい体の変化があります。

もし上で挙げたような体の変化が見られないなら、(もちろんお医者さんに判断してもらうのが一番ですが)爪水虫の可能性が高いと思います。
なんせ10人に1人が感染していると言われていますし、男女問わず、そして年齢問わず感染すると言われていますから。

 

ちなみに糖尿病の検査は病院で尿検査を行えばすぐに判りますし、採血検査でどれ位の血糖値というのも判ります。
もしも、血糖値が高いようならばすぐにでも生活改善や投薬治療などを受けるようにして下さいね。

無料で、爪水虫か糖尿病か見分ける方法もある。

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら