510574

爪は健康のバロメーターと言われますが、爪の色が変色したり変形することがありませんか?
もしかすると肝臓や腎臓が悪いことを表しているのかもしれませんし、それ以外の爪の病気を表しているのかもしれません。

爪の色は、肝臓や腎臓の健康を表している?

113002

病院のお医者さんの中には、舌の色や目の充血などと共に爪の色を確認する人もいますが、それ位爪の色は健康と関係が深いです。
爪は、内臓などが悪くなると色が変わったりする為、いつも爪の色を気にしている人もいらっしゃいます。

では、どんな色の爪をしていたら、臓器の病気などの予兆だといわれているのでしょうか?

こんな爪の色は、腎臓病、脳溢血、心臓病に注意!

510516

例えば、赤すぎる爪の人は脳溢血や心臓病に注意した方が良いと言われています。
比較的、肥満気味の人で爪が赤い場合心臓に問題がある場合が見られるのです。

白っぽい爪の人は、一般的に貧血気味の人が多いです。
腎臓病でも爪が白っぽくなる為、医師が爪の色を見て腎臓の検査を勧められる事もあるでしょう。

 

白く濁ってしまったような色の爪の場合、肝臓病や肝臓がんなどの病気が疑われる事もあり、肝硬変の人にもこのような爪の人が多いです。
糖尿病でも爪が白くなる為、爪が白い場合はできるだけ早く健康診断を受けられた方が良いでしょう。

黒っぽい爪の場合は、がんの一種であるメラノーマを心配された方が良いです。
血豆だと思っていたらメラノーマという事もあるのです。

 

でも爪の色に心当たりがあっても、肝臓や腎臓が悪いことは稀です。
ほとんどは、10人に1人がなると言われている、あの病気が原因なんですね。

もちろん念のために病院へ行って検査をすることは大事です。
でも爪の色以外に心当たりがないなら、こっちの病気を疑ったほうが、解決は早いかもしれませんよ!

爪の変色…実はほとんどが爪水虫

473079

爪水虫は白癬菌という菌が原因で起こる爪の病気です。
爪水虫になると、爪が白くなったり黒くなったり、黄色くなることもあります

他にも爪の変形が起こり、爪が割れたり剥げたりする症状が見られるでしょう。
かゆみや痛みが無いのが爪水虫の特徴のため、悪化してから見つかる事が多いです。

⇒爪水虫の実際の症例写真はこちら

 

また爪水虫は放置しておくとどんどん悪くなり、最終的には爪を剥ぐ外科手術を受けることになるかもしれません。
なので、仮に爪水虫だったとしても、早めの対策が大切なのは変わりありませんよ!

無料で、爪水虫か内臓が悪いか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら