526156

爪水虫の特徴の一つに、爪が異常なほど分厚くなったり、硬くなってしまうものがあります。
そうなると、爪を切るのが大変なんですよね。

でも、適度に爪を切らないと爪はどんどん伸びてきて、割れやすくなってしまいます。
そして爪が割れてしまうと、肉が裂けて痛い思いをしたり、ますます菌が広がってグジュグジュになってしまうかもしれません。

悪化した爪↓

http://u0u0.net/xJtL
http://u0u0.net/xJtL

 

そこでこの記事では、厚くて硬い爪でも切れる、切れ味の鋭いお勧めの爪切りをご紹介します。
爪水虫の治療や普段のケアに、ぜひ使ってみてください。

はじめに:硬い爪でも切れる爪切りのポイントは…

まず特定の爪切りをご紹介する前に、基本的な爪切りの選び方からご紹介しますね。
爪水虫のような硬い・分厚い爪の場合は、以下のようなニッパー型を選ぶようにしてください。

61n5kazgN8L._SL1500_

ニッパー型が普通のものとどう違うのかというと、

  • 力が伝わりやすいので、少ない力で簡単に爪が切れる
  • 細かいところなども、切りやすい
  • 洗いやすい(爪水虫の治療中は、これが大切です)

という特徴があるからです。

 

もともとニッパー型爪切りは巻き爪などでも使用されるので、硬い爪でも、かなり細かく自由にカットすることが出来ます。

ニッパー型爪切りのデメリットは?

ニッパー型爪切りのデメリットは、切った爪が飛んで行ってしまうことですね。
ただ最近では、ニッパー型爪切り専用の「爪飛びガード」なるものも販売されています(300円くらいです)。

51iGWG3yhnL._SL1000_

こちらを使えば、飛び散らなくて便利ですね。

 

その他のデメリットとしては、ニッパー型の爪切りは値段が高い傾向にあります。
その分いろいろな仕組み(爪の間にスッ――と入り込むデザインなど)はあるので、「爪水虫の治療器具」と考えて、割り切るしかないでしょう。

ニッパー型爪切りの使い方

これまでニッパー型の爪切りを使ったことがない場合には、上の動画を参考にしてください。

爪水虫の硬い爪でも切れる、市販の爪切りはこれ!

61n5kazgN8L._SL1500_

お待たせしました。
硬くて分厚い爪でも簡単に切れる爪切りでお勧めなのは、上の写真のMARUTOネイルケアシリーズの「ネイルプロII」です。

なぜオススメなのかといいますと、一番はやっぱり切れ味ですね。
硬い爪でも、グリップを軽く握ってあげるだけで、カチッと簡単に爪を切ることが出来ます。

あとは、先端が丁度よいデザインになっているためか、「カットしたい部分だけカットできる」という特徴もあります。
これなら、ボロボロになった爪や、変形した爪もカットしやすいと思います。

 

お店でも売っていますが、Amazonでは定価の2割引で購入出来てお得ですよ!
それに100件以上の口コミもあるので、あなたと同じように硬い爪で悩んでいる方の生の声を、ぜひ聞いてみてください。

Amazonで「ネイルプロII」をチェックする⇒