http://ur0.work/xIYT
http://ur0.work/xIYT

足の爪が黄色い、黄ばんでいる!と、ある日気がついてびっくりした、という人はいないでしょうか
あまりまじまじと見る機会のない足の爪ですが、爪を切ったり、女性ならペディキュアを塗るときには、このような爪の異変があれば、すぐに気が付くはずです。

透明であるはずの爪が、黄色いとなれば、とても心配になりますね。
でも結論から言うと、これは爪の病気の可能性が高いです。

 

それにこの黄色い足の爪を放置しておくと大変なことになります。
そこでこの記事では、足の爪が黄ばんでいる原因や治す方をご紹介します。

 

黄色い足の爪は、爪水虫の可能性が9割

513753

実は、足の爪が黄色いのは、爪水虫かも知れません。
以下が、実際の爪水虫です。

http://ur0.work/xIYo
http://ur0.work/xIYo
http://ur0.work/xIYT
http://ur0.work/xIYT
http://ur0.work/xJ1k
http://ur0.work/xJ1k

水虫と言えば、足の指と指の間に起こる皮膚病で、おじさんの病気というイメージがありますね。
痒くて不潔そうなイメージがある水虫なので、まさか自分が、とショックを受ける人も多いはずです。

でも爪水虫と水虫は違っていて、爪や爪の周りに感染するものを言います。
それに爪水虫は10人に一人が感染するほど身近ですし、男性でも女性でも感染しますよ!

 

また普通の水虫と違って、水虫特有の痒みがなく、痛みなども感じないので、なかなか気が付くことが出来ません。
神経の通っていない爪に出来る水虫なので、自覚症状がありません。

仮に爪水虫の場合、足の爪の黄ばみが悪化して…

爪水虫になると、まず爪の生え際などが黄ばんだり白濁して変色していきます。
さらに爪がガサガサ、ゴワゴワとしてきて爪が厚くなってきます。

このような爪の異変に気が付いたとしても、まさか爪水虫という病気になっているとは知らず、そのうち治るかもと放置する人も多いようです。
しかし、爪水虫は放置していれば、症状はさらに悪化していきます。

 

そのうち、爪水虫の原因菌がどんどん爪を侵食していくので、ボロボロと崩れ落ちていきます。
信じられないかもしれませんが、以下の写真も爪水虫です。

http://u0u0.net/xJtL
http://u0u0.net/xJtL

このような状態になれば、さすがにおかしい、何かの病気だと誰でも思うはずです。

しかし、爪が欠けるまで侵されてしまうのは、かなり最終段階です。
ここまでくると病院で治療を行っても、回復するまでにかなりの時間がかかるでしょう。

 

まずは無料で試せる、爪水虫専用ジェルを使ってみてください!

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら