http://ur0.work/xIZS
http://ur0.work/xIZS

足の爪が割れた、ヒビが入った、欠けた、こんなことになったらとても慌ててしまいますね。

今もしも足の爪が割れそうだったりヒビが入っている人は、もしもの時のために、自宅でも出来る対策方法を知っておいてください。

 

もしも足の爪が割れてしまっても、それ以上悪化しないように防ぐ方法や、自分でも簡単にできる応急処置のやり方があります。
身近にあるもので、欠けた足の爪をくっつける方法があります。

足の爪が割れるときの対処法はこれ

197480

足の爪がもろくなっている人が多いようです。
爪に亀裂が入っていたリ、ヒビが入っているような人は要注意です。

何かに引っかかったり転んでしまったはずみで、爪が横に割れた、縦に割れた、となったら大変です。
オシャレのために爪を伸ばしてネイルを楽しんでいる女性は特に注意が必要です。

 

自宅でも出来る足の爪が割れたときの対処法をご紹介しましょう。
もしも爪の先の方が割れてしまい、血も出ておらず痛みもない場合には、自宅でも対処できます。

まず、エタノールなどの市販の消毒液で爪をキレイに消毒します。
エタノールが乾いたら、爪の先の割れた部分にトップコートを塗って、それ以上、爪が割れてしまったり折れるのを防ぎます。

 

もしくは足の爪の割れた部分にネイルグルーを塗ります。
そして、割れた部分が覆える大きさに小さくちぎったティッシュを乗せます。

さらに、ティッシュの上からグルーをしみこませていきます。
こうしてグルーやトップコートが乾くのを待つだけです。

簡単な処置ですが、これで大丈夫ですよ!

でも、そもそもどうして足の爪が割れたんだろう…?

このようにして応急処置をしておけば、それ以上、爪が割れる心配もないのでひとまず安心です。
爪は割れてしまっても時間が経てばまた伸びてくるので、割れた部分も気にならなくなります。

定期的に患部を消毒して清潔にしておかないと患部から雑菌が入りこみ、化膿してしまうこともあるので注意してください。
このように応急処置が出来ても、足の爪が割れたり、ヒビが入ること自体が問題です。

 

もしかすると水虫を放置することで起こる、爪水虫になっているのかも知れません。
爪が割れたり欠けたりといった症状のほかに、爪の色が白色や褐色に濁っていたり分厚くなっていないでしょうか。

これらの症状があっても痛みなどがないのが爪水虫の特徴です。
⇒その他の、爪水虫の症状はこちら(写真あり)

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら