http://ur0.pw/yhM1
http://ur0.pw/yhM1

「ボレー液」も爪水虫の治療薬として、皮膚科で処方される治療薬です。
皮膚科では爪水虫の治療薬をいくつか用意しているので、人により何を処方されるかは違いがありますし、もしも使用していて効果ない、悪化したというような場合は、治療薬の見直しもできます。

ボレー液は爪水虫にどんな効果がある?

437654

ボレー液は、爪水虫の原因となる真菌細胞膜を合成する働きをブロックするという作用があります。
爪水虫の根本的な原因に働きかける事ができるので、治療薬としては一般的です。

ボレー液は主に皮膚科で処方されるもので、市販薬ではありません。
また治療薬として、ボレークリームなどの塗り薬、外用薬などもあります。

 

ただ爪水虫のように皮膚に浸透させて真菌の合成をブロックするには、浸透力の高い液体が有効です。
もしボレークリームが効かないようなら、ボレー液に変えてもらってください。

ボレー液はどれくらいの期間で爪水虫が治る?

513702

ボレー液の効果については、ボレー液のような真菌に作用する治療薬は、取りあえず2週間から4週間は使います
それにより経過を見て、継続するか、薬を変えるかの判断をしますので、自己判断で決めつけずに医師の指示に従い、きちんと治療薬を使用する事が大切です。

液体は浸透しやすいですが、爪が肥厚しているような場合は、爪にヤスリをかける事で浸透力が高まります。

爪水虫の治療でボレー液を使う場合は、体への影響は?これも気になるところです。
特に授乳中・妊娠中でも大丈夫?これについては、ボレー液の使用上の注意に、妊娠または授乳中とあります

注意書きに書いてある条件に該当する場合は、安易に使用せず、必ず医師に相談してからにしてください。

 

またボレー液のように、真菌に作用する治療薬は、1日1回と言われた場合は、使用頻度や回数もそれを必ず守りましょう。
多く使っても効果が高まる事はありませんから、医師の指示に従って正しく使用しましょう。

ボレー液の副作用の種類について

497683

ボレー液は皮膚科で処方される処方薬ですから、何らかの副作用の可能性は否めません。
主な副作用は、紅班、発赤、刺激感などです。

ボレー液を使用した後にこれらの症状が見られたら、副作用の可能性があります。
副作用は使用を中止すれば症状は改善されますが、念のため医師に相談してください。

 

使用し続けると、副作用の症状がひどくなる事があるからです。
どうしてもボレー液が合わない場合は、他に治療薬に変えてもらう事もできますので、必ず医師に相談してください。

真菌は徹底的に排除しないと、再発しやすいので治療は続けていく事が大切です。

それでも、副作用が怖い場合は…

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら