http://ur0.work/xJ1k
http://ur0.work/xJ1k

爪水虫の症状の一つに、足の爪が分厚くなってしまう「肥厚爪」があります。
そしてこの肥厚爪になると、爪水虫の薬がなかなか浸透せず、なかなか効果が反映されないというデメリットがあります。

そこでぜひ、肥厚爪をやすりで削ってみましょう。
この記事では、爪水虫の表面を薄く削る方法をご紹介します。

爪白癬の治療は削ることから!

506894

爪水虫になっている爪は、ボロボロと剥がれてきたり、黄色や白、茶色などに変色したりして見た目も悪くなってしまいます。
そして爪水虫は白癬菌が原因となりますが、白癬菌に感染すると爪が白濁するだけでなく、先ほどもご紹介したように「肥厚」といって爪が分厚くなってしまう事があります。

だからこそ肥厚爪を削るのですが、実は爪水虫をやすりで削るのは、病院でも爪水虫の治療法として行われていることなんです。
もちろん病院で肥厚の治療をする時は、肥厚した部分に専用の錐(きり)で穴を開け、そこから薬を注入するという方法もありますけどね。

 

いずれにせよ、爪白癬の治療で削るのは、何も問題ありません。
と言うことで、肥厚爪の削り方をご紹介します。

足の厚い爪の削り方はこれ

488524

これから爪水虫をやすりで削る方法をご紹介しますが、ヤスリで爪を削る場合は、「どのくらい削るか」が重要です。
ヤスリを使う場合は場合は、爪水虫を薄く削ることがポイントです。

盛り上がっている場合は削りすぎないように、様子を見ながら少しずつ削って行きましょう。
ちなみにヤスリで爪水虫を削っても、薄く削る分には何も問題は無いですよ。

 

肥厚爪を削った後は、爪水虫の薬も浸透しやすくなります。
ただそれでも水虫の薬は根本的に作用が違うため浸透しないので、注意してくださいね。

あと削りすぎると、痛みが出るので薬がつけられなくなる事がありますので、十分注意してください。

爪水虫を削って治す場合、どれくらいの頻度で削ればいい?

118165

ヤスリで削って治療薬を付ける場合は、毎日続ける事が大切です。
ただしヤスリで爪を削るのは毎日ではなくてもOKです。

逆に毎日削ってしまうと、削りすぎになる可能性があるので、一度削ったらしばらくそのまま薬を続けてみます。
また盛り上がってくるようなら再度ヤスリで削っていけばいいので、毎日ヤスリを使う必要はありません。

 

ただし表面がツルツルとしてきたら、軽く傷を付ける程度にしておくと薬の浸透が良くなります。
この場合は力は入れず、表面を軽くこする程度で十分です。

ヤスリを使った後は、ヤスリをきちんと消毒しておく事も忘れないでくださいね。

もし爪水虫の対策を始めていないなら、無料で試せる…

もしまだ爪水虫の対策を始めていないなら、今月末まで全額返金保証キャンペーン中の市販のジェルを使ってみてください。
もし効果が無ければ、返金してもらえますよ!

詳しくは以下の記事をお読みください。

キャンペーン中の爪水虫ジェルの詳細はこちら