http://ur0.work/xIZT
http://ur0.work/xIZT

普段あまり気にしない足の爪ですが、足の爪というのは私たちの健康を映し出す鏡とも言われています。
足の爪に亀裂が入っていたリ、黒や白の縦線や横線があったり筋が入っていないでしょうか。

本来であれば、縦じわや横じわなどは足の爪にはありません。
足の爪にこのような異変があった場合、何かの病気かも知れません。

 

原因は?治す方法は?放置してもいい?あるいは病院に行ったほうがいい?といろいろと不安になってきますね。
また、きれいな爪にする方法は?と疑問に思っている人も多いはずです。

足の爪に縦線や横線が入り、ガタガタになっていた場合、考えらる病気や対処法についてご紹介しますので参考にしてください。

足の爪に線が入る原因は、○○を示してる?

このような爪の異変は、食生活の乱れや老化が考えられます。
爪を形成しているのはケラチンというたんぱく質で、そのたんぱく質の代謝を良くするのがビタミンBです。

ダイエットによる食事制限で、これらの栄養が不足していないでしょうか。
また、老化により胃腸の働きが衰えることが原因となっていることもあります。

 

他に考えられるのが爪水虫です。

カビの一種である白癬菌という水虫菌があります。
これが爪の中に侵入し、繁殖することで爪水虫になります。

爪水虫になると、縦じわ、横じわが入りガタガタになったり、爪が白く濁ったり、黄色っぽくなるなど変色もしてきます。
また、症状が進行すれば、爪自体が厚くなり、ボロボロと爪から粉をふくようにもなります。

 

これらの症状も思い当たるようなら、爪水虫の可能性が高いです。
まさか自分が水虫になるなんて、と驚く人も多いかも知れませんが、爪水虫は10人に1人が感染している病気なので珍しいものではありません。

もし爪水虫の場合、人にうつしてしまうことも…

というのも爪水虫は周囲の人に感染しやすい病気です。
白癬菌が感染した爪の破片や垢などが、知らず知らずのうちにバスマットやスリッパ、畳の上などに落ちるので、これを家族など周囲の人が踏むと感染してしまいます。

爪水虫になると、食生活を見直したり、保湿ケアをしても効果はありません。
白癬菌に効果のある医薬品を塗って、患部をいつも清潔に保つことが必要です。

 

これまでは皮膚科に行って処方される内服薬や外用薬が必要だったのですが、最近では市販薬でも良いものが出ています。爪にまで有効成分がしっかり浸透する市販薬があります。

病院に行くのは面倒でも、市販薬なら手軽に利用できるかと思います。
爪水虫が悪化すれば、爪がどんどんガタガタになり欠けていき、完治するまでの時間も長くなります。

 

爪がおかしいな、と思ったら、爪水虫を疑い早めに治療を始めましょう。

無料で、爪水虫かどうか確かめてみませんか?

実は最近、市販で爪水虫専用ジェルが販売されています。
そしてこのジェル、全額返金保証付きなんですよ。

つまり一度使ってみて、綺麗な桜色の爪に戻れば、爪水虫だったということでラッキー。
実感できない場合は返金してもらえれば、お金も損しません。

 

個人的にはお得なキャンペーンだと思います。
もし興味があれば、以下のサイトへどうぞ。

⇒無料で、爪水虫かどうか確かめられるキャンペーンはこちら