http://ur0.pw/yhuY
http://ur0.pw/yhuY

「ゼフナート液」は爪水虫の治療に使われる薬です。
ゼフナートは皮膚科で処方される治療薬ですから、一般には市販されていません。

ゼフナートは薬局やドラッグストアでは購入できませんので、病院に行き医師に診察をしてもらい、処方箋をもらってから手に入れることができます。

ゼフナートと爪水虫について

’j«ŠÅŒìŽt_ƒtƒ@ƒCƒ‹

ゼフナート外用液は爪水虫の治療薬としては、比較的ポピュラーです。
ゼフナートは塗り薬や飲み薬などがありますが、皮膚科に行けば症状に合わせて処方してもらえます。

ゼフナートの爪水虫への効果ですが、ゼフナートは爪水虫の原因となる真菌細胞膜を合成する物質をブロックするので、抗真菌作用があります。
ただ皮膚科で処方された治療薬であっても、付けて直ぐに劇的な変化が起こるわけではありません。

 

ゼフナートは比較的じっくり効く薬なので、効果が無くてもしばらくは使ってみましょう。
自己判断で薬の使用を中止したり、他の市販薬に変えたりするのは良くないですよ!

もちろん、長期間使用しても効果が無かったり、逆に悪化したという場合はすぐ医師に相談してくださいね。

ゼフナートを使えば、爪水虫はどれくらいの期間で治る?

これについては、爪水虫の治療薬を使う場合、効果が出ているかどうかの判断は毎日正しく使用している事を前提にして約2週間から4週間は必要です。
もちろん4週間で治るわけではなく、3カ月から半年かけて徐々に良くなっていきますよ。

直ぐになにかの変化がでなくても、しばらく使い続けて行く事が大切です。

ゼフナートは授乳中・妊娠中でも飲める?

309793

授乳・妊娠中については、ゼフナート液の注意書きには、妊娠中・授乳中の方は使用前に医師に相談するようにと書いてあります。
注意書きに書いてある条件に該当する場合は、使用する事で体への何らかの影響があると予想される、副作用のリスクが高い可能性がある、という事です。

処方薬の場合は、病院で診察してもらう時に妊娠中である事や、授乳中である事を伝えておくと安心です。

その他のゼフナートの副作用

506894

ゼフナート液の副作用についてですが、主な副作用は接触性皮膚炎、紅班、小水疱性皮疹があります。
副作用の報告はありますが、必ず出るとは限りませんし、症状がひどくなる可能性もあります。

これも個人差ですが、副作用が出た場合は直ぐに使用を中止して、医師に相談してください。
ゼフナート液の使用を中止すれば、副作用で起きた症状は自然に解消されていきます。

 

薬が合わない場合は、他の治療薬に変えてもらいましょう。

それでも、副作用が怖い場合は…

最近では、植物由来成分で副作用の無い爪水虫専用ジェルが、市販で販売されています。
以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒市販の爪ケア専用ジェルの詳細はこちら